鼻が大きくなるのは顎の骨に理由があった?鼻を大きくしないためには

写真拡大

「キレイの先生」編集部の山田です。

 鼻の大きさは、個人的に気になっている部分です。出来れば鼻は小さくありたいと思っています。

 そんな鼻の大きさについて、エステサロンの先生に面白い話をお聞きしたので、ご紹介します。

 鼻の大きさの印象を決めるのは、小鼻(鼻の下の部分)の太さです。小鼻が太ければ「だんご鼻」ともいいますが、鼻が大きく見えてしまいます。逆に、小鼻が短ければ、鼻も小さく見えます。

 この小鼻の太さを決めているのが「上顎骨(じょうがいこつ)」という「顎」の骨になります。鼻の骨ではないのですよね。

 上顎骨は、真ん中で割れていて左右に分かれているため、周りの骨に引っ張られて、歪みやすいです。

 例えば、上顎骨の横には「頬骨(きょうこつ)」という頬の骨がくっついているのですが、それが開くと、上顎骨もそれに引っ張られます。上顎骨は真ん中で分かれているため、左右に開いてしまうイメージですね。それによって、小鼻も広くなってしまうのです。

 つまり、鼻が大きくなってしまうのは、鼻自体に原因があるというよりも、その周りの歪みから来ることも多いといえます。

 顔の歪みを直すことで上顎骨が本来の位置に戻って、小鼻は短くなって、鼻も小さく見えます。

 自分で歪みを直すことは急には難しいかもしれませんが、歪まないように気を付けられることはあります。

 歯を食いしばらない。歯ぎしりしない。同じ側ばかりで噛まない。頬杖をつかない。これらを心がけることでも、鼻を大きくしない予防になりますよ。

キレイの先生 http://kireinosensei.com/