7日、台湾の人気アーティストのジェイ・チョウが、自らプロデュースした映画「一万公里的約定」を香港でPRした。

写真拡大

2017年1月7日、台湾の人気アーティストのジェイ・チョウ(周杰倫)が、自らプロデュースした映画「一万公里的約定」を香港でPRした。香港01が伝えた。

【その他の写真】

過酷なウルトラマラソンをテーマにした、アドベンチャー&ラブストーリー映画。ハリウッドのSF映画「バトル・オブ・スカイアーク」で注目された新進気鋭のサイモン・フン(洪昇揚)監督がメガホンを取り、ジェイ・チョウおよび、ウルトラマラソンランナーのケビン・リン(林義傑)選手がプロデューサーとして参加している。

7日、香港で今月12日から公開される「一万公里的約定」のプレミア上映に、ジェイ・チョウも出席した。07年の主演映画「言えない秘密」をはじめ、数々のMVを手掛けるなど、監督経験が豊富なジェイ・チョウだが、「今回はプロデューサーで本当によかった」とコメント。「監督は疲れるし、プレッシャーも大きい。その上に予算もコントロールしなきゃいけない」と語り、映画監督としての次回作について聞かれると、「あと10年待って!」と笑顔で回答。どうやら監督業には、かなり懲りている様子だ。

14年に女性タレントのハンナ(昆凌)と結婚し、翌年7月に第一子の長女が誕生。最近では、よきパパぶりがクローズアップされることが多い。幸せいっぱいの毎日のせいか、以前にくらべてふくよかになった顔が、この日も取材陣に注目されている。(翻訳・編集/Mathilda)