狙った女子だけを好きにさせる効果的な方法・6つ

写真拡大

男性が何かアプローチをしかけてくるとき、わかりやすいこともあれば遠回しすぎてわかりにくいことも……。そこで社会人男性に「女性をその気にさせたいときはどんな方法をとることが多いか」を調査してみました。

■わかりやすく好意をアピールする

・「こちらの思いを真剣に伝える。結局これが一番相手の信頼を得ると思う」(28歳/機械・精密機器/事務系専門職)

・「本気で好きであることを誠心誠意伝えること」(32歳/運輸・倉庫/営業職)

一番わかりやすいのが男性からわかりやすく好意をアピールされること、ですよね。これをしてくれると安心でき、どう対応すればいいかもしっかり考えられそう。

■彼女の味方だということをアピールする

・「相手が困っているときに、自己を犠牲にして助ける」(33歳/その他/その他)

・「自分はいつでもあなたの味方だということ、落ち込んでいるときは大丈夫と寄り添って弱い所を出させる」(28歳/その他/販売職・サービス系)

自分が困っているときにいつでも駆けつけてくれ、支えてくれる人のことは自然と意識しやすいもの。いつも味方してくれる男性は、自分に脈アリの可能性が?

■とにかく優しく接する

・「その人の前では他の人と違って倍の笑顔で優しく接する」(29歳/その他/販売職・サービス系)

・「ムードを出す。とにかく褒める。嫌なことを言わない」(27歳/小売店/事務系専門職)

また自分といるときだけなぜか優しい男性も、自分に好意を持っている可能性があるよう。他の人と自分とで対応を変えてくる男性にも注目です。

■気になる女性は丁寧に扱う

・「丁寧に扱うようにしている。そのことにより特別なんだと思わせる」(26歳/その他/その他)

・「とにかく優しくしたり、自分だけを見ていると思わせること」(29歳/不動産/営業職)

自分といるときだけ妙に気遣いが多く、紳士的に振る舞ってくれる男性がいるなら、その人から好意を持たれている証拠? 特別扱いにはそれなりの意味があるとか。

■コンタクトを増やして地道にアピール

・「迷惑にならない程度にLINEを継続的に送る」(29歳/運輸・倉庫/販売職・サービス系)

・「何度も飲む回数を増やして地道にアピール」(32歳/その他/販売職・サービス系)

またマメに電話やLINE、会う機会を作ってくれる人も好意ありきなことが。最近何かと会う機会が増えた人は、相手が仲良くなろうとしてくれているのかも?

■適度にじらして興味を引く

・「たまにじらして相手の興味を引くこと」(31歳/団体・公益法人・官公庁/事務系専門職)

・「ずっと一緒にいたり、かまったりしないで、適度に相手をする」(33歳/学校・教育関連/事務系専門職)

突然連絡が途絶えると脈ナシなのかと思いますが、実はそれが駆け引きテクな場合も。好きな人の興味を引きたいときは、男性も「じらしテク」をよく使うのだそう。

男性から好意を持たれているのか、そうでないのか気になったら上記のようなアピールがあるかどうかで調べる方法も。これから距離を縮めていくべきか、それとも少し距離を置くべきか、対応を考えるヒントにしてみるといいかもしれませんね。

(ファナティック)

※画像は本文と関係ありません

※マイナビウーマン調べ(2016年8月にWebアンケート。有効回答数204件。25歳〜34歳の社会人男性)