スンドゥプチゲ

写真拡大

寒いこの季節、あったか〜いお味噌汁は、冷えた体をポカポカ温めてくれる一品。だけど、お味噌汁って、だしを取らなきゃいけないし、毎日お味噌味っていうのもちょっと退屈…。もう少しスープバリエーション、増やせないものかしら…。

そこで、時短しかもバリエーションに富んだスープレシピを、3つほどご紹介!

●超カンタン豆腐チゲ

【材料 2人分】

・豆腐…1〜2丁程度

・キムチ…80g

・鶏ガラスープ…大さじ1

・水…400cc

・しょう油…適量

・ごま油…適量

【作り方】

1.鍋に水をはり鶏ガラスープの素、スプーンですくった豆腐(面倒なら手で崩してもいいかも)、食べやすいサイズに切ったキムチを加えてひと煮たち。

2.煮立ったらしょう油で好みの味に調え、最後にごま油を少し垂らすと風味が出て美味しい! キムチの塩分によってもしょう油の味付けは変わるので、好みに合わせて調整を。

●なんちゃってミネストローネ

【材料 2人分】

・根菜類(にんじんや玉ねぎ、じゃがいもなど食べたいもの)…各1/2程度

・コンソメ…1個

・水…300cc

・塩…適量

・こしょう…適量

・ケチャップ…適量

【作り方】

1.鍋に水を張り、コンソメ、あらかじめ切った根菜を入れてひと煮たち。根菜はさいの目がミネストローネっぽいけど、面倒臭め。火が通りやすい、小さいサイズならOK。

2.野菜に火が通ったらケチャップ、塩、こしょうで調味。

●じゃがいもすりおろすだけスープ

【材料 2人分】

・じゃがいも…1〜2個

・コンソメ…1個

・水…200cc

・牛乳…300cc

・塩…適量

・こしょう…適量

【作り方】

1.鍋に水を張り、コンソメ、皮をむいてすりおろしたじゃがいもを入れてひと煮たち。

2.少し煮立たせてとろっとしてきたら、火を弱めて牛乳を加え、最後に塩・こしょうで味を調えて完成。

本格的なスープもきちんと作ろうと思うと、時間がかかるけど、身近なものをあれこれ上手に活用すると、あっという間に”それっぽく”! このそれっぽさが大事。毎日のことだもの。手間暇と料理の楽しさのバランスを、上手に折り合い付けましょ!

(文・団子坂ゆみ/考務店)