6日、中国のポータルサイト・今日頭条は日本でバイクに乗る人があまり多くない理由について分析する記事を掲載した。これに対し、中国のネットユーザーからさまざまなコメントが寄せられた。写真はバイク。

写真拡大

2017年1月6日、中国のポータルサイト・今日頭条は日本でバイクに乗る人があまり多くない理由について分析する記事を掲載した。

記事は、日本には多くのバイク工場があるものの、主に輸出用であり、日本国内の需要は大きくないと指摘。日本の街中でバイクを見かけることは多くないと伝えた。

その理由について、東京や大阪などの大都市ではバイクは比較的多いものの、地方都市は多くないこと、多くの人が通勤でバイクに乗るためラッシュ時以外には見かけないこと、オートバイではなくスクーターの方が多いこと、夜になると大型バイクを見る機会が多いこと、週末の郊外ではバイクをよく見かけることを挙げた。

そして最後に、中国と異なり、日本ではバイク禁止ではないと付け加えた。実際、中国ではほとんどの都市がバイクを禁止している。

これに対し、中国のネットユーザーからさまざまなコメントが寄せられた。

「バイクを禁止する国なんて世界のどこにもない。中国だけだ」
「中国は世界で唯一、バイクの製造は許可するのにバイクに乗ることは許可しない国」

「俺たちは先進的すぎるんだよ。貧乏な国だけがバイクに乗る」
「バイクは国にとってお金にならないからな。だから禁止するんだよ」

「バイクを禁止しなかったらみんなバイクを買っちゃうだろ。そうしたらどうやってGDPを上げるんだよ。指導者の成績にならないだろ」

「日本のバイクに乗ったことがあるけど本当にいい。大国はバイクを普及させるべきだ。車が少なければ渋滞も減る。でも中国は真逆の方向に進んでいる」(翻訳・編集/山中)