当てはまったらヤバイ! 適齢期に「行き遅れる人」6パターン

写真拡大

まわりの友だちが続々と結婚しはじめると、独身女性としては焦りますよね。特に20代後半から30代前半は、結婚ラッシュに見舞われることも。そんな適齢期に「結婚できなかった人」には、共通することがあるようです。いったいどんなことなのか、女性のみなさんに教えてもらいました!

■理想が高すぎる

・「自分のスペックを棚に上げて、相手に条件を求めすぎな人」(29歳/金属・鉄鋼・化学/事務系専門職)

・「理想が高く、『もっといい人がいるのではないか』と高望みすることで、なかなか踏ん切りがつかない人」(33歳/生保・損保/専門職)

「結婚できない理由」としてよく挙げられるのが、理想が高すぎるということ。相手に求める条件ばかりが高くなると、いい人が現れても「もっといい人がいるかも」と妥協できないので、チャンスを逃してしまいそうですね。

■「結婚できない理由」を知らない

・「何か問題があるんじゃないかと思ってしまう。自分もそうだし」(23歳/機械・精密機器/秘書・アシスタント職)

・「結婚できないんだと思う。適齢期でできないのは何か問題があると思うから」(28歳/アパレル・繊維/秘書・アシスタント職)

適齢期に結婚できないのは、何か問題があるのではという声もありました。こちらも「結婚できない理由」の常連ですよね。でも一番の問題は「何が問題で結婚できないのか、自覚がない」ということではないでしょうか。

■仕事が忙しい

・「仕事にのめり込んでいてその余裕がない人」(27歳/金融・証券/事務系専門職)

・「仕事が忙しい人。残業が多くて仕事が忙しい人は、結婚のタイミングがなく、していないと思う」(33歳/食品・飲料/事務系専門職)

仕事に夢中だったり、残業ばかりで忙しかったりする人は、新しい異性と出会う機会も少なそうです。仕事が忙しすぎると心に余裕がなくなるので、恋愛に割ける時間や体力がなくなってしまうのかもしれませんね。

■おひとり様を満喫

・「ひとりでも十分に楽しむことができている」(32歳/建設・土木/事務系専門職)

・「自分の人生を謳歌している。今が楽しくて仕方がない」(31歳/団体・公益法人・官公庁/秘書・アシスタント職)

いわゆる「おひとりさま」を楽しめる人は、今の状態が楽しすぎて結婚に目が向かないということもありそう。おひとりさまの人生を謳歌していて、気づいたら適齢期を過ぎていた……というパターンは多いのかも?

■自由が好き

・「遊ぶことを重要視している人。縛られるのが嫌いな人」(25歳/その他/事務系専門職)

・「遊ぶのが好き。自由を楽しむから、結婚なんて考えていないので」(29歳/人材派遣・人材紹介/事務系専門職)

「まだまだ遊びたい!」という気持ちが強い人は、結婚すると自由に遊べなくなるので避けている可能性も。まわりの友だちの結婚が続いても「結婚したら遊べなくなるのに」と、まったく焦りを感じなさそうです。

■結婚願望0

・「結婚したくないという気持ち。あまり結婚について意識していないのかなと思うから」(32歳/団体・公益法人・官公庁/事務系専門職)

・「結婚するのが嫌なのかもと思う。あまり幸せな結婚している人がまわりにいないと後ろ向きになりそうだから」(22歳/自動車関連/事務系専門職)

「適齢期で結婚できなかった」というより「そもそも結婚したくない」という人は意外と多そうです。結婚に対してあこがれがなかったり、既婚の友だちの愚痴をさんざん聞かされたりすると、結婚したいと思えない人がいても普通ですよね。

■まとめ

理想が高すぎたり遊ぶのが楽しすぎたりと、適齢期に「結婚できなかった人」に共通することは6つありました。中には耳の痛い意見があった人もいるのでは? 特に「おひとりさまが楽しすぎる」場合は、結婚する必要性を感じられなさそうです。結婚適齢期がいつなのかは個人差があるので、そのタイミングを逃さないようにしたいですね。

(ファナティック)

※画像は本文と関係ありません

マイナビウーマン調べ
調査日時:2016年12月9日〜12月20日
調査人数:90人(22歳〜34歳の女性)