愛を感じるぅー!! 実はうれしい「彼氏からの束縛」6つ

写真拡大

働く大人の男性と女性の交際って、それぞれの時間や考え方を尊重できない関係だと長続きしなさそうですよね。でも、束縛の方法によっては許してあげようかと思えることもあるようです。今回は「実は、ちょっと嬉しい彼からの束縛」について女性たちに聞いてみました。

■かわいく拗ねる

・「男性がいる飲み会に行く、と言ったらちょっと面白くなさそうな感じにされること。かわいいな、と思ってしまう」(33歳不動産/専門職)

・「ちょっと拗ねた感じで嫉妬されると、かわいくて嬉しい」(30歳/機械・精密機器/事務系専門職)

男性がいる飲み会などに出かける彼女を止めるわけではないけれど、ちょっと拗ねる。ウジウジ引きずられるとイラッとしそうですが「つまらないな」とかわいくつぶやかれるくらいなら逆にキュンとしてしまいそうですね。

■マメに連絡をとりたがる

・「毎日、お家に帰ったら連絡してと言う」(33歳/学校・教育関連/専門職)

・「いま何しているのー? とか連絡がくる」(27歳/生保・損保/事務系専門職)

電話やメールを強要されたりしつこく連絡されるのは自由がなくなる気がしそうですが、もうちょっと連絡してほしいとお願いされるくらいなら許してあげたくなりそう。彼女のことが気になって仕方ないという彼の気持ちも嬉しいのでしょうね。

■女性として扱ってくれる束縛

・「会社の飲み会で遅くなったときに待っててくれる人」(32歳/建設・土木/事務系専門職)

・「会社の忘年会などのときに、心配だから帰るまで起きてると言ってくれるとき」(35歳/金属・鉄鋼・化学/事務系専門職)

帰りが遅くなって心配なのは、女性として扱ってくれているから。飲み会などで遅くなった彼女をソワソワしながら待ち続けている彼の姿を想像すると嬉しくなってしまうという人も多いようですね。

■心配しつつ、束縛も……

・「男性がいるところに行くときに心配される」(24歳/運輸・倉庫/事務系専門職)

・「夜、出歩くことへの心配と禁止。体の心配してくれているのが嬉しい」(28歳/医薬品・化粧品/販売職・サービス系)

危ないことはしてほしくないし、他の男性と何かあったら困るという心配しながらの束縛も正直嬉しいようです。自分のしていることを彼に制限されるのはうっとおしいと思いつつ、それが自分のためを思ってなら許せるのかもしれませんね。

■休みの日にはデートしたがる

・「週に一度はデートしたい、と言われること。単純に会いたいと思ってくれるのが嬉しい、それくらいなら負担にもならないため」(31歳/その他/その他)

・「土日に予定があったらちょっと拗ねる程度。それ以上の束縛は嫌」(34歳/団体・公益法人・官公庁/事務系専門職)

休みの日は自分とのデートの日。仕事をしていると休日以外にデートをするのは難しかったりするので、そういう意味で休みの日の自分を独り占めしたいという彼の気持ちは嬉しいみたいですね。

■予定を把握しようとする

・「休日の予定を把握される」(25歳/生保・損保/事務系専門職)

・「デートの誘いを断ったら、何の予定があるのか聞かれるとき」(33歳/機械・精密機器/事務系専門職)

予定を全部知りたがる彼の束縛なら許せるという女性もいるようですね。自分自身も彼が何をしているのか気になるタイプなら、彼が同じように予定を把握しようとしても気持ちが理解できるのかも。

■まとめ

彼氏であっても束縛は絶対に嫌という女性もいそうですが、束縛の内容によっては「仕方ないかな」と受け入れることができる人もいるようです。もちろん、頭ごなしに何もかもを禁止されると反発心しかわいてこなさそうですが「心配だから」と言われると、逆に束縛が嬉しくなることも。お互いに負担に感じない程度なら、束縛も一つの愛情表現と言えるのかもしれませんね。

(ファナティック)

※画像はイメージです

※『マイナビウーマン』にて2016年12月にWebアンケート。有効回答数93件(22歳〜38歳の働く女性)