7日、旧暦大みそかに放送される「台湾の紅白」に、今年は日本から歌手の中島美嘉と西川貴教が出演する。台北アリーナで番組収録が行われた。写真は6日、台湾到着時の中島美嘉。

写真拡大

2017年1月7日、旧暦大みそかに放送される「台湾の紅白」に、今年は日本から歌手の中島美嘉と西川貴教が出演する。台北アリーナで番組収録が行われた。聯合報が伝えた。

【その他の写真】

「台湾の紅白」とは旧暦大みそかから元旦にかけて、6時間にわたって放送される台湾テレビ(TTV)のスペシャル番組「超級巨星紅白芸能大賞」のこと。その年に活躍したアーティストや人気歌手が選ばれ、紅白に分かれてパフォーマンスを披露する。

日本の紅白歌合戦と大きく違うのは、生放送ではない点だ。7日、台北アリーナで番組収録が行われ、日本から出演する中島美嘉と西川貴教が登場した。

中島は先月24〜25日、台北国際会議センターで初の台湾コンサートを開催したばかり。収録では「雪の華」など3曲を披露している。また、西川貴教も来月19日、同じく台北国際会議センターでソロコンサートを開催予定だ。

10年にスタートし、年々規模を拡大している「超級巨星紅白芸能大賞」。今年は中島美嘉と西川貴教のほかにも、初出演するビビアン・スーや香港の人気ユニットTwins、韓国の女性グループGFRIEND、男性グループSF9などが番組の見どころとなっている。(翻訳・編集/Mathilda)