「鬼」BTOB ソンジェ、コン・ユの前に正体を現す

写真拡大

※この記事にはドラマのストーリーに関する内容が含まれています。
BTOBのソンジェが正体を現した。

韓国で7日、tvN「鬼」第12話が放送された。この日、ドクファ(ソンジェ) が正体を現し、視線を集めた。死神とキム・シン(コン・ユ) は、ドクファが自身たちの本音をすべて分かっていたことに気づいた。彼らだけが知っているはずの本音が、ドクファの口から出たことに気づいたのだ。

するとドクファが、三神と対話するシーンが公開された。ドクファと三神は、900年間生きてきたキム・シンの運命に言及しながら対話した。

続いてバーに座っているドクファのところにキム・シンと死神が訪れた。ドクファは、自身を訪れてきた彼らの前に正体を現した。キム・シンは彼が普通の人間ではないことを知り、「初対面だから挨拶でもしましょう」と言った。

しかしドクファは「いつも聞いていた。死を望むから機会も与えた」とキム・シンの心を全部聞いていたことを明かした。死神には「自ら記憶を消す選択をしただけ。なのに神の計画あるいはミスのように思えるのか」と聞いた。

続いてドクファは「神はただ質問する者…」と話した。ドクファはこう話した後倒れ、起き上がった時には自身が何を話したのかを覚えていなかった。