こちらでもご紹介したように、2017年1月9日から開催される「デトロイトモーターショー2017」に出展されるスバルWRX/WRX STI。新たに写真が3点公開されましたので、ご紹介します。

1

北米仕様の主な変更点は、フロントマスクを中心としたエクステリアデザインの刷新、内装のクオリティアップ、サスペンション設定の最適化による操縦安定性と乗り心地の引き上げなどで、静的、動的質感の向上が狙いとなっています。

機能面では、ステアリング連動ヘッドランプを採用して夜間の視認性をアップさせるとともに、WRXに運転負荷を軽減するオートビークルホールドをスバルとして初採用するなど、安全面の進化も盛り込まれています。

さらに、WRXにユーリッド製ブレーキパッドを採用してブレーキ性能を強化しているほか、新18インチアルミホイールを装備。最もスパルタンなWRX STIには、新電子制御マルチモードの「DCCD」や新型ブレンボ製ブレーキ、新19インチタイヤ&アルミホイールを採用することで、スバルが誇るAWDスポーツパフォーマンスをより引き上げているのが特徴。

走りや安全などをアップデートさせるだけでなく、内装の質感向上、フロントドアガラスの板厚アップなどによる振動、騒音対策も盛り込まれているそうですから、走りだけでなく、快適性の向上も見逃せません。

(塚田勝弘)

【関連記事】

2018年モデルのスバル「WRX/WRX STI」の走り・安全はどう変わる?
http://clicccar.com/2017/01/06/433131/

スバル「WRX/WRX STI」の2018年モデルをデトロイトショーに出展、内外装はどう変わる?
http://clicccar.com/2017/01/06/433100/

スバル WRX/WRX STIの2018年モデルの魅力は?(http://clicccar.com/2017/01/08/433338/)