最も売れた商品は? 2016年クリスマスのアマゾンの舞台裏

写真拡大

この年末年始、多くの人はサンタではなくアレクサ(Alexa)に話しかけていたようだ。

インターネット通販大手のアマゾン・ドット・コムによれば、2016年にアマゾンで最も売れた製品はスマートスピーカーのエコーと(小型モデルの)エコー・ドットだった。

「生産量を増やし、最善を尽くしているが、それでも在庫が追い付かない」と、ワールドワイド・コンシューマー部門のジェフ・ウィルクCEOは言う。

「クリスマスソングの再生からイルミネーションの点灯、プレゼント購入、クッキーのレシピまで、アレクサは日々どんどん賢くなっていく」。エコーとエコー・ドットの売上は2016年、対前年比で9倍に増え、世界中で何百万台も売れた。

また、ぎりぎりになってクリスマスプレゼントを買う人々の間で人気が高かったようだ。エコーとエコー・ドットは、アマゾン・プライムで12月23日に注文されたアイテムの中で一番人気の部類に入った。

アマゾンでは、人々がアレクサにした”お願い”を全て見ることができ、そこから、人々が年末年始の休暇中に何をしていたのかを解明した。

それによれば、私たちはたくさんのクッキーを食べたようだ。クッキーのレシピの一番人気(で料理のコツの問い合わせも多かった)は、チョコチップ・クッキー。プライム・ナウで最も注文が多かった商品はオレオクッキーで、これはチョコチップ・クッキーを自分で作るのを諦めた人がオレオを注文したのだろう。

また、七面鳥やプライムリブの作り方のコツをリクエストした人も多かった。ドリンクのレシピで最も問い合わせが多かったのは、トムコリンズとマンハッタンだった。

クリスマスソングが最も数多く再生されたのは、ニューヨークとシカゴとシアトル。最も人気が高かったのはフランク・シナトラの「ジングルベル」、マライア・キャリーの「恋人たちのクリスマス」、ホセ・フェリシアーノの「フェリス・ナビダッド」だった。

アマゾン・ミュージックで最もストリーミング再生されたクリスマスソングは、アンディ・ウィリアムスの「イッツ・ザ・モスト・ワンダフル・タイム・オブ・ザ・イヤー」で、最も再生回数の多かったクリスマス向けアルバムは、マイケル・ブーブレの「クリスマス」だった。

休暇中に最もリクエストの多かった映画は『ホーム・アローン』と『エルフ/サンタの国からやってきた』。アマゾンのオリジナル以外で最も視聴された映画は『アイ・イン・ザ・スカイ/世界一安全な戦場』だった。

アマゾン・プライムはクリスマス休暇の買い物客に大人気で、世界で10億点を超えるアイテムがプライムサービスで配送された。プライム・ナウの配送で最速だったのは13分。プライム・ナウでの注文が最も多かった都市はダラスだった。

クリスマスイブの夜、最後のプライム・ナウの配送はカリフォルニア州アーバインへの配送で、商品は電気敷きパッドやナイキル(風邪薬)などだった。注文した人は、あまりいいクリスマスを過ごせていなかったようだ。

そのほかクリスマス休暇中によく売れた商品には、パーティーゲームの「ウォッチ・ヤ・マウス」、リーバイスのジーンズやケイト・スペードのクロスボディバッグ、雪かき用ブラシなどがあった。

今後、クリスマスのお願い事に際して私たちは、「サンタさんへ」という手紙を書く代わりに「ねぇ、アレクサ」と語りかけるようになっていくだろう。