「仮面ライダーエグゼイド」で花家大我/仮面ライダースナイプを演じるNew Generation Star・松本享恭

写真拡大

'16年に活躍し、'17年にさらなる飛躍が期待される俳優・女優、アイドル、アーティストなど、さまざまなジャンルのNext Generation Star(次世代スター)およびNew Generation Star(新世代スター)に話を聞く、ザテレビジョン年末年始特別企画「NGS17」。

【写真を見る】松本享恭は「目的に向かって突き進むという点は似ているかなと思います」と役との共通点を語る

第16回は、'16年10月2日よりスタートした「仮面ライダーエグゼイド」(毎週日曜朝8:00-8:30テレビ朝日系)で、花家大我(はなやたいが)/仮面ライダースナイプを演じるNew Generation Star・松本享恭が登場。

スタートして3カ月がたち、大我を演じてきての周囲の反響や撮影秘話、今後の目標などについて語ってもらった。

――まずは「仮面ライダーエグゼイド」について。コワモテな雰囲気の役柄ですが、役作りで心掛けていることは?

型にはめて作り込んでいるわけではありませんが、周りの人との接し方というか、画面からどう見えているかは常に意識しています。あとは地声がちょっと高いので、太い声が出せるように少し低くしようと心掛けています。この声だと風格があまり出ないかなと思って(笑)。

――自分と似ていると思う部分はありますか?

目的に向かって突き進むという点は似ているかなと思います。大我は周りのことを考えていなそうに見えて、実はしっかりと意志を持っているので、そういう面は似ていると思います。

――放送が始まって約3カ月たちますが、周囲の反響はいかがですか?

撮影中に子供たちが来て、「スナイプ〜!」とか「大我〜」って呼ばれることもあります。僕もそうですが、大体みんな役名で呼ばれるんですけど、瀬戸利樹くんだけ子供たちから「タドルクエスト〜!」って、ガシャットの名前で呼ばれていました(笑)。

――役柄的に松本さんは子供に怖がられないんですか?

それはないですよ(笑)。あ、でも撮影中に「永夢(飯島寛騎)のガシャットを奪った人だ〜!」って指をさされたことはありましたね(笑)。

――闇医者ですし、ビジュアル的にも「ブラック・ジャック」のような感じに見えるのですが、その辺は意識されていますか?

似ているという声はいただきますが、特に寄せようとはしていないですね。そんなに意識していないですし、監督からも特にそういうオーダーはありません。

――医者を演じる上で、何か参考にしたものはありますか?

実はこれまで医療モノのドラマって全く見たことがなかったんです。でも、これが決まってから知識を得るためにも医療モノのドラマを見るようになりました。

――なぜ医療モノを見なかったんですか?

“食わず嫌い”というか、何となくジャンル的に敬遠していました。難しいイメージがあったのかもしれないですね。でも実際に医療モノのドラマを見たら、面白かったです!

――「医者×ゲーム」がテーマですが、ゲームの方はいかがですか?

ゲームは結構やっていました。最近はちょっと自分を抑えるためにやらないようにしているんですけど、前はいろいろなテレビゲームをやりましたね。好き過ぎて、やり始めたら止まらなくなっちゃうんです(笑)。

――「仮面ライダーエグゼイド」の現場の雰囲気はどうですか?

とにかく明るいですね。早朝のバスで行くんですけど、お喋りが止まらないんですよ。結構切り替えははっきりしていると思います。撮影に行く途中も着いてからも、ずっと話しているんですけど、本番ではパッと切り替えられます。

――特にどなたがよく喋るんですか?

盛り上げてくれるのは瀬戸くんですね。瀬戸くんがいない日は静かに感じるくらい、いつも盛り上げてくれますね(笑)。

――大我と何かありそうなニコを演じる黒崎レイナさんが新たに加わりましたが、現場での黒崎さんはいかがですか?

ほぼずっと同じシーンにいるので、一緒にいる時間がとにかく長いんですよ。お喋りをすることも多いし、黒崎さんがニコちゃんのせりふを練習しているので、それに付き合うこともあります。黒崎さんには、若いエネルギーをもらっています(笑)。

――松本さんもまだお若いでしょ(笑)。特撮ならではのアフレコシーンは難しかったですか?

難しかったですね。自分の動きに声を合わせるのではなく、スナイプには表情がないのでちょっとした動きに合わせるというのが最初は難しかったです。でも、最近はやっと現場でもアクションを見ながら、ここはこうしようかな〜などと考えられるようになりました。

それからは楽になったし、入り込みやすかったですね。監督やスーツアクターの方と相談して、アフレコに臨んでいます。

――逆にご自分のアクションはどうでしょうか?

難しかったですよ! 劇場版でもやりましたし、第3話でもやったんですけど、カメラが横にあるというのを忘れちゃうんですよね。動きに集中しちゃって…。そこが一番難しかったですね。

――立ち回りはそれほど苦労しなかったんですか?

覚えるのはちょっとだけ時間がかかるんですけど、やり始めたら普通にできました。

――ちょっと変化球ですが、もし松本さんが「仮面ライダー」を考えるとしたら、どんなライダーがいいですか?

スナイプは自分の好きなものが詰まっているので、スナイプを超えるのはなかなかないですね。銃を使うところも好きですし、僕自身もシューティングゲームが好きなので、最初に設定を聞いた時、この共通点はうれしかったです。

――今後の見どころを教えてください。

ニコが出てきてからの大我は、今までツンツン威勢の良かったのがウソのようになります。大我をニコが徐々に崩していくような感じと言うか、とにかく調子が狂わされるんですよ。ただ、なぜかそれも嫌いじゃないというか(笑)。

そこから大我がどうなっていくのか見どころですね。新しい大我を見てください!

――作品から離れて、そもそもこの業界に入ろうと思ったきっかけは?

邦画も洋画も関係なくDVDや映画をひたすら見ていた時期があり、そのときたまたま映画「手紙」という玉山鉄二さんと山田孝之さんが出演されている作品をDVDで見たんです。

それがとにかく格好いいなと思って、演じてみたいと気持ちが向いたのが、きっかけですね。

――憧れの俳優は誰ですか?

そうですね。「手紙」で見て格好いいなと思った山田孝之さんや、小栗旬さんに憧れています。

――では2016年の一番印象的な出来事は?

やっぱり仮面ライダーに出演が決まったことですね。少し前に事務所で「松本はちょっと暗い説」が囁かれたんです。それで爽やかになろうと思って、見た目も気持ちも爽やかになろうと考えて努力しました。

いろいろと爽やかになれることを試してオーディションに行き、そのおかげなのかは分からないんですけど、受かりました。

でも…結局闇医者っていう役で(笑)。

――見事なオチですね(笑)。

でも、本当にうれしいんですよ(笑)。台本を読んだときに、「黎斗」と「大我」「飛彩」と「グラファイト」の役が残っていて、個人的にも大我って面白い役だなと思っていて、大我の役をつかむことができました。

――それを受けて、2017年の抱負は?

まずは1年間大我として、しっかり仮面ライダースナイプを最後まで演じ切ることですね。最後に振り返って、成長できたなと思えないとやっている意味がないと思うので、自分が満足できるように頑張りたいです。

――そして、将来の夢は?

いろいろな役をやってみたいので、普段からアンテナを張って生きることを目標にしたいです。そして役を頂いたら一つ一つしっかりと向き合っていきたいと思います。地道にコツコツと頑張ります!

――最後に子供たちにメッセージをお願いします。

大我って最初は結構強い部類なんですけど、どんどん周りが強くなっていっちゃうんです。それにニコが現れてからは感情の変化もありますし、戦いの中でいろいろな感情が出てくるのを見てほしいですね。ニコと周りが強くなることで違った感情が出てくるので、ご注目ください。

あとは指をバンッて銃を撃つポーズをはやらせたいですね! 僕の爽やかなところも見てほしいです(笑)。最後まで応援よろしくお願いします。