恋愛結婚より、「お見合い結婚のほうがうまくいく説」は本当?

写真拡大

結婚のきっかけがお見合いの場合、恋愛結婚よりも長く続いたり、離婚しづらいと言われることがありますが、みなさんはその意見についてどう思いますか? 今回は、お見合い結婚のほうが離婚しづらいという考え方に共感できるかどうか、女性のみなさんの意見を聞いてみました。

<共感できる>

■条件が一致した相手と結婚するから

・「そういう場合もあると思う。ある程度の基準を満たした人がお見合いすると思うから」(30歳/学校・教育関連/専門職)

・「共感できる。プロフィールを全部分かった上の結婚だから」(29歳/医薬品・化粧品/秘書・アシスタント職)

お見合いは事前にお互いの条件が分かったうえでするものだし、それが一致した相手と結婚するのだから結婚後に「思っていたのとちがう」ということは少なそう。紹介された人がまったくはナシとちがうということもないですもんね。

■冷静な判断ができる

・「共感できる。冷静に相手を見ることができるから」(27歳/その他/秘書・アシスタント職)

・「お見合いだと結婚に直接行くから、簡潔で妥協もしやすいので理解できる」(32歳/学校・教育関連/事務系専門職)

結婚を前提としての出会いであるお見合い。相手としてふさわしいかどうか冷静に判断する気持ちを持っているし、恋愛とちがって、好きになったから相手の悪いところが見えなくなったということもなさそうです。

■過剰な期待をしていない

・「気持ちの入り方が薄くて、期待しなくてよさそう」(33歳/不動産/事務系専門職)

・「相手に深い思い入れがないほうが上手くいくこともあるかもとは思う」(24歳/小売店/事務系専門職)

この人しかいないというところまで気持ちが高まってはいないので、少しくらいの悪いところには目をつぶれるし期待しすぎてガッカリすることもない。平常心が保てるのもお見合い結婚のいいところですね。

■結婚後に愛情が高まることもありそう

・「共感できる。恋愛結婚は、一番盛り上がっているときに結婚するから、結婚したあとは下降線だが、お見合い結婚の場合は頂点で結婚していないので、結婚したあとさらに好きになる可能性がまだ残っているので」(34歳/団体・公益法人・官公庁/事務系専門職)

・「共感できる。恋愛のように『すごく好き』という気持ちからのスタートではなく、安定した気持ちで生活していくので、うまくいきそう」(33歳/食品・飲料/事務系専門職)

愛情のピークで結婚する恋愛とちがってお見合いなら普通の気持ちからスタート。結婚してからいいところが見えてくると、そこからあらためて恋愛気分が始まることもありそうですね。

<共感できない>

■恋愛のほうが絆が深い

・「共感できない、本当にお互いのことを好きになった人同士のほうが強い絆で結ばれていると思うから」(25歳/その他/事務系専門職)

・「共感できない、結婚は好きな人とするもの、だいたい好きでもない人と婚姻関係は結べないでしょ、仮面夫婦はもっとありえない」(35歳/小売店/販売職・サービス系)

恋愛のほうがお互いに対する気持ちも強いし、それがないと結婚もしないのだから離婚しづらい。お見合い結婚に対しては、気持ちが入っていないという印象を持っている人も少なくないようで、それであればお見合い結婚のほうが離婚しやすいとも言えますね。

■上手くいっているのではなく我慢しているだけ

・「共感できない。しがらみで我慢してるだけだと思うから」(31歳/金融・証券/事務系専門職)

・「会社・親のプライドなど、たぶん不当な圧力がかかるので、したくても離婚できないというのが一般論です」(30歳/運輸・倉庫/技術職)

お見合い結婚のほうが離婚しないで続く夫婦が多いとしても、決して結婚生活が上手くいっているわけではないという意見も。人からの紹介で結婚したら離婚したくてもそれが叶わず、我慢しているだけということですね。

■まとめ

お見合い結婚のよさを感じている女性も少なくないと分かる今回のアンケート。みなさんの意見はいかがですか? もちろん、お見合いで出会ったとしてもお互いに惹かれあって恋愛結婚と変わらないような結婚をする人もいるので、お見合いだから、恋愛だからと一概に決めつけることはできなさそう。どちらも、結婚相手との出会い方の一つであって結婚後の生活には関係ないということかもしれませんね。

(ファナティック)

※画像はイメージです

※『マイナビウーマン』にて2016年12月にWebアンケート。有効回答数94件(22歳〜36歳の働く女性)