ヴィッセル神戸も獲得に動いたポドルスキが北京国安に移籍へ! ガラタサライ幹部が認める

写真拡大

▽Jリーグクラブも獲得に興味を示していると言われていたガラタサライの元ドイツ代表FWルーカス・ポドルスキ(31)が、中国スーパーリーグの北京国安に移籍することが決定的となった。スペイン『マルカ』が伝えている。

▽2015年にアーセナルからガラタサライへと移籍したポドルスキは2018年まで契約が残っているものの、今冬に移籍の噂が立っていた。Jリーグのヴィッセル神戸がオファーを出したと報じられていたが、北京国安への移籍が最終局面を迎えているようだ。

▽ガラタサライのクラブ幹部の1人であるレヴェント・ナジフォグル氏は、ポドルスキの去就に関して以下のように語っている。

「北京国安への移籍は最終段階を迎えている。プレーヤーは移籍を希望しており、移籍は今週中に完了するだろう」

▽ドイツ、南アフリカ、ブラジルと3大会のワールドカップ(W杯)に出場し、2014年のブラジルW杯では王者に輝いた世界屈指のレフティーは、ブラジル代表MFオスカル、元アルゼンチン代表FWカルロス・テベス、ベルギー代表MFアクセル・ヴィツェルらに続き、今冬の中国行きを決断したようだ。

▽なお現在、北京国安にはポドルスキのガラタサライ元同僚のトルコ代表FWブラク・ユルマズ、ブラジル代表MFレナト・アウグストが在籍している。