【オートサロン2017】マツダは「クラシックレッド」のNDロードスターなど8台を展示

写真拡大 (全6枚)

CX-5とロードスターRFの開発スタッフによるトークショーも見逃せない

マツダは2017年1月13日から15日の開催期間で行われる東京オートサロンに、新型CX-5とロードスターRFなど8台を展示すると発表した。また両車種の開発スタッフやデザイナーによるトークショーを開催する予定だ。

マツダブースでは、11月に大幅改良を行ったデミオやCX-3 のカスタマイズモデル、2017年春から国内で開催される「GLOBAL MX-5 CUP」レース仕様車も展示する。

さらに初代(NA型)、2代目(NB型)とロードスターで大人気のカラーリング「クラシックレッド」を纏った4代目ND型ロードスターも参考出展する。

今回のマツダ出展テーマ「Be a driver. 〜マツダの新しいチャレンジが始まる〜」を会場で体感してほしい。