まさかの実話が映画化!
 - (c) 2016 Long Way Home Holdings Pty Ltd and Screen Australia

写真拡大

 インドで5歳のときに迷子になって孤児としてオーストラリア人夫婦のもとに引き取られたサルー・ブライアリーさんが、25年後、Google Earth の衛星写真で実の家族を捜し出したという驚愕の実話を基にした映画『LION/ライオン 〜25年目のただいま〜』が4月より日本公開される。

 青年となったサルーにふんしたのは、『スラムドッグ$ミリオネア』のデヴ・パテル。オーストラリアの育ての母役にはニコール・キッドマン、恋人役にはルーニー・マーラと実力派女優が脇を固めた。オスカー前哨戦とされる第41回トロント国際映画祭では『ラ・ラ・ランド』に次いで観客賞の次点を獲得、現地時間8日に授賞式を控える第74回ゴールデン・グローブ賞では作品賞(ドラマ)を含む4部門にノミネートされている話題作だ。

 優しい養父母と幸せに暮らしながらも、5歳で本当の家族と生き別れたことがずっと心に引っかかっていたサルー。これが長編デビューとなったガース・デイヴィス監督が『ゼロ・ダーク・サーティ』の撮影監督グリーグ・フレイザーとタッグを組み、美しい映像でサルーの壮大な心の旅を描き出している。サルー・ブライアリーさんの経験は「25年目の『ただいま』 5歳で迷子になった僕と家族の物語」というタイトルで書籍化もされている。(編集部・市川遥)

映画『LION/ライオン 〜25年目のただいま〜』は4月よりTOHOシネマズ みゆき座ほかにて全国公開