女子からの「脈アリLINE」の見分け方・6つ

写真拡大

自分なりに好意のサインは送っているつもりでも、男性にどの位それが届いているのかはわかりにくいもの。そこで社会人男性に「これは脈アリだ!」と判断している、女性からのLINEやメールの内容について教えてもらいました。

■相手と自然な会話ができるようになったとき

・「頻度は関係ないと思う。プライベートな内容が会話に自然に入ってくると十分あると思う」(33歳/その他/事務系専門職)

・「付き合っているような会話をしていても相手が拒否もせず、ノリノリで会話ができること」(26歳/その他/販売職・サービス系)

プライベートな話題が増えたり、自然なやり取りができるようになってきたりすると相手からの好意を感じやすくなるそう。二人の距離も縮まったように感じますよね。

■返信が早いと脈アリに感じる

・「返信が早い。自分が既読スルーしてしまっててもメッセージをくれる」(32歳/その他/事務系専門職)

・「返信が早く、『何してるの?』などこちらのことを気にかける内容」(34歳/その他/販売職・サービス系)

好きな人からメールやLINEが来たら、なるべく早めに返信したくなるもの。男性に好意を伝えたいときは、あまりじらさず早めに返事したほうがいい?

■毎日挨拶してくれるとき

・「おはよう、おやすみなど、特に内容のないメッセージのやりとりができる異性は脈アリかなと思う」(25歳/通信/営業職)

・「特に何もないLINEや、メールが続いてるとき。おはよう、おやすみ、仕事と終わったみたいな内容」(28歳/その他/販売職・サービス系)

そこにメッセージ性はなくても、毎日頻繁に連絡をくれる人には何かしらの好意を感じるもの。「好き」は伝えにくくても、挨拶なら自然に送れそうですよね。

■メールやLINEを送り合うペースが同じとき

・「即返信ではなく、こっちが送るペースと相手が返すペースが同じくらいだと心地よく感じるし、相手も合わせてきていると思う」(33歳/不動産/営業職)

・「1日に数回程度で1〜2週間、送信したらきちんと返信がくる。好意がないと返信してくれないと思うから」(31歳/建設・土木/技術職)

またメールやLINEの頻度で好意を伝えるなら、相手が送ってくるペースに合わせる方法も。この場合でもメールやLINEの心地よさから相手の好意が自然と伝わるとか。

■二人でどこかに行こうと誘ってくれたとき

・「ご飯でも行こうよって内容ならアリと判断してもいいかも」(34歳/その他/事務系専門職)

・「今度は二人で、みたいなことが記載されている」(28歳/電機/技術職)

女性は受け身な人も多いため、「誘ってくれている」なら好意は明らか? 男性から見て、わかりやすい女性の「脈アリサイン」かもしれません。

■返信がとぎれたときの反応でわかる

・「毎日相手から連絡がきて、こちらからしないときは明らかに寂しいという内容を送ってくる」(30歳/小売店/販売職・サービス系)

・「すぐ返信がくる。返信が遅くなったときに『ごめん』の一言がある」(30歳/学校・教育関連/その他)

メールやLINEでは送り方にも気持ちがあらわれますが、途切れたときの反応にも気持ちがよくあらわれていることが……。意外とこちらのほうが脈アリ反応がわかりやすい?

男性にさりげなく好意を送っても、それが伝わっているかどうかまではよくわからないもの。もしも確実に相手に好意を届けたいなら、こんな風に男性とメールやLINEをやり取りしてみるといい? その先の展開が早くなるかもしれません!

(ファナティック)

※画像はイメージです

※マイナビウーマン調べ(2016年11月にWebアンケート。有効回答数176件。25〜34歳の社会人男性)