デビー・レイノルズさんとキャリー・フィッシャーさん(写真は2015年1月撮影)
 - Steve Granitz / Getty Images

写真拡大

 昨年12月に亡くなった映画『スター・ウォーズ』シリーズのレイア姫役で知られる女優キャリー・フィッシャーさんの遺灰が、現地時間6日、母親でキャリーさんの死の翌日に死去した、『雨に唄えば』などで知られる大女優デビー・レイノルズさんと共に米ロサンゼルスで埋葬された。

 Peopleによると、フォレスト・ローン記念公園で行われた埋葬式にはキャリーさんの娘のビリー・ロードと、キャリーさんの兄弟のトッド・フィッシャー、また俳優のテイラー・ロートナーらが出席。大きな、抗うつ剤として知られるプロザックのような容器に収められたキャリーさんの遺灰を抱くトッドの姿が報じられた。 Entertainment News にトッド本人が語ったところでは、この容器はキャリーさんが何年も前に購入し、非常に気に入っていたものだという。

 埋葬式の前日となる5日には、キャリーさんの自宅で2人の葬儀が執り行われ、親族のほか、メリル・ストリープ、メグ・ライアン、リチャード・ドレイファス、グウィネス・パルトロー、ジョージ・ルーカス監督などが出席。メリルがキャリーさんを追悼する歌を披露する一幕もあったという。後日、一般向けの葬儀が予定されており、メリルも弔辞を述べる。

 キャリーさんは昨年、飛行機内で心臓発作を起こして搬送された末、12月27日(現地時間)に60歳で死去。その翌日、後を追うように、デビーさんが脳卒中で倒れたまま84歳で亡くなり、映画界に衝撃が走った。(編集部・入倉功一)