DinDin、初恋から仕事まで率直な心境を明かす「今は倒れるまで頑張りたい」

写真拡大

ラッパーのDinDinが最もホットなバラエティ出演者として浮上しながら経験する苦悩を明かした。

女性向けマガジン「Women Sense」には今最もホットなバラエティ出演者として浮上したDinDinのグラビアが掲載された。

DinDinは最近龍山(ヨンサン) のある市場で撮影したグラビアを通じてお茶目なイメージを脱ぎ、真剣な魅力をアピールした。特にビルの屋上と市場の裏路地で撮った姿には将来のことを真剣に悩むDinDinの姿が漂い、視線をとらえる。

グラビア撮影と共に行われたインタビューでDinDinはカナダで留学していた時に出会った初恋ストーリーと音楽やバラエティに対する情熱を明かした。「漠然と、ラッパーとして成功したらコンサートを開いて元彼女にプロポーズしたいと思っていた。でも思い出は思い出として美しいと思う」とし、今はいい友人関係に戻った元彼女について明かした。

今最もホットなバラエティ出演者として誰よりも忙しい日々を過ごしているDinDinは「最近は何だか空っぽで寂しい。だから感性的な歌詞がたくさん書ける」と近況も公開した。

続いて「尊敬するロールモデルはソンヘ先生だ。長く耐えられる人が最終的な勝者だと思う」とし「周りの人々が僕に『少しは楽しみながら仕事をしなさい』とアドバイスするけど、今は倒れるまで頑張って仕事をしてみたい」と新年の計画を明かした。

DinDinは昨年韓国で放送されたMBCバラエティ番組「無限に挑戦」の“ヒップホップ×歴史コラボレーション”でパク・ミョンスと共に最高のコラボを果たし、ミュージシャンとしても話題を集めた。