【急な雪でも慌てない】降雪前に愛車でチェック&メンテしてきたいポイント

写真拡大 (全9枚)

雪に慣れている降雪地域でも油断は禁物

ゲリラ豪雨同様に、大雪になることが多い昨今。あまり雪が降らない地域だから大丈夫なんて油断するなかれ、突然の大雪で泣きを見ることも。また雪に慣れていても、想定外に降ることも珍しくないので、同じく油断してはダメだ。

メンテとして、まず大前提となるのがスタッドレスタイヤへの交換。もしくはチェーンの用意など。慣れていない地域だととくに「これぐらいいけるだろう」と思って、結局スタックしているクルマをよく見かけるので、使用頻度などの問題でスタッドレスを用意できないなら、チェーンを用意しておこう。

そして視界確保の要、ワイパーの点検。もちろん亀裂やヒビ、曲がりが発生しているようなら、雪うんぬん以前の問題として即交換だ。

さらに雪が多く降りそうなら、ブレード全体がゴムで覆われているスノーブレードの使用がオススメである。ブレードのすき間に雪が入り込んで、ゴムがウインドウ表面に密着しなくなるのを防いでくれる。

一緒にウォッシャーの量も点検しておく。雪道を走ると前走車からの泥はねなどでウインドウが汚れやすく、予想以上にウォッシャー液を使うからだ。

またウォッシャー液には凍結温度があって、濃度で調整する。原液のまま使っていればマイナス40度ぐらいまでは大丈夫だが、水で薄めれば薄めるほど凍結温度は上がっていってしまうので、気になるようなら入れ替えてしまったほうがいいだろう。

冬場でもエアコンのチェックが大切

逆に油脂類の交換は、今ではあまり気にしなくてもOK。エンジンオイルは始動時に問題になる粘度、つまりWが付いているほうの数字が0Wや5Wが当たり前になっているし、凍結して冷却系が破裂する恐れがある冷却水も、ここ最近のクルマであればスーパーLLCという高性能なものを使用しているので問題なし。通年使えるようになっている。

もちろん低年式車では対応していない可能性もあるので、低粘度のオイルや冷却水の濃度などの確認や調整を行なっておきたい。

一方、車内ではエアコンまわりのメンテナンスが重要だ。エアコンというと夏のものというイメージがあるが、オート化が進んだこともあって今では通年使われるし、冬場は曇り止めのためにとくに多用されるだろう。

エアコンガス量などの点検まではしなくていいが、悪臭のもととなるフィルターの点検と確認。そして吹き出し口まわりの汚れも取っておくだけでも、クリーンになる。

また女性で乾燥が気になるため、エアコンを使わないという場合は、市販の曇り止めをグローブボックスに入れておくのもいいだろう。もしなければ裏ワザを駆使。薄い石けん水を作って窓を拭くだけで曇りは止められる。

そして最後に、雪道走行後はザッと下まわりを水で洗い流しておきたいし、さらに余裕があれば覗いてみて、塗装の剥がれやサビが出ていないかを確認。もちろんなにかしのダメージがあれば補修しておく。じつは雪道に撒かれる融雪剤は塩。下まわりに付着するとダメージとなることがあるからだ。

そのほか、メンテとは異なるかもしれないが、ディーゼルに入れる軽油は凍結しやすいので、極寒の地にいきなりいくような場合は、現地についたら給油をするように計算しておく。気温が下がる地域向けには凍結防止剤が入っていて、凍らないようになっている。