アレクシス・ブレデル

写真拡大

人気ファミリードラマ『ギルモア・ガールズ』のローリー・ギルモア役で知られるアレクシス・ブレデルが米Huluが手掛ける『侍女の物語』のドラマシリーズ『The Handmaid's Tale(原題)』に出演することが明らかになった。米Hollywood Reporterが伝えている。

『The Handmaid's Tale』はベストセラー同名小説が原作。荒廃した近未来社会が舞台の本作は、男性が支配するギリアッド政権のもと、人口を再び増やす窮余の策として、子どもを産むことのできる女性は「侍女」と呼ばれて自由を奪われ、性の奉仕を強要されていた――というストーリーだ。侍女となった主人公オブフレッドを演じるのは、『MAD MEN マッドメン』のエリザベス・モス。アレクシスが演じるのは、侍女の一人。『オレンジ・イズ・ニューブラック』でプッセイを演じるサミラ・ワイリーも侍女役として出演することが発表されている。

脚本・製作総指揮を務めるのは、『The 100/ハンドレッド』や『ユーリカ 〜地図にない街〜』を手掛けたブルース・ミラー。また、原作者のアトウッドが、コンサルティング・プロデューサーとして参加する。

アレクシスにとって、昨年Netflixで配信がスタートした『ギルモア・ガールズ:イヤー・イン・ライフ』以来のTVシリーズ作品となる。彼女が今まで演じてきた役柄とは大きく異なるキャラクターになりそうだ。『The Handmaid's Tale(原題)』は2017年4月26日より米Huluにて配信開始予定。(海外ドラマNAVI)