特撮出身イケメンがズラリ!

写真拡大

 女優の内田理央が7日、都内で行われた映画『Bros.マックスマン』の初日舞台あいさつに出席した。本作には内田をはじめ、「仮面ライダー」「スーパー戦隊」シリーズで活躍した人気俳優が多数出演。この日ズラリそろった竜星涼、千葉雄大、久保田悠来、青木玄徳、丸山敦史、松島庄汰ら特撮出身のイケメン俳優を見回した内田は、「こんなに特撮のOBが集まることもなかなかないのですごく新鮮。イケメンが勢ぞろい!」とゴキゲンだった。この日はなだぎ武、高橋裕二郎、ケンドーコバヤシ、増田哲英監督も出席した。

 本作は特殊能力を持つ軟弱なスーパーヒーロー、マックスマンの活躍を描いたアクションコメディー『Mr.マックスマン』の続編。マックスマンこと谷口正義(千葉)と同じ特殊能力を手にした弟・英雄(竜星)が、愛する女性・梨奈を(内田)世界的テロ組織から守ろうとスーパーヒーローになる姿を描く。

 舞台あいさつでは、主人公の“特殊能力”にからめて、「どんな特殊能力がほしいか」とお題を出された竜星は「自分は人の考えに考えながら接するタイプなので、相手の心の内がわかる力がほしい」とコメント。さらに撮影時の千葉の様子を振り返りながら「千葉ちゃんが今、声かけてほしくないんだっていうのが顔を見てわかればいいのに……」とニヤリ。

 一方の千葉は、長身のキャスト陣に囲まれ「自分はもっと身長があればいいなって……」とため息。「大きい人ばかりなので、あと10センチくらい欲しい」と続けると、なだぎが、「イケメンにとけ込める能力が欲しい。俺もコバも、現場ではイケメンに囲まれてずっと緊張して座っていたので……」と自虐気味に語り、会場を爆笑に包んだ。(取材・文:名鹿祥史)

映画『Bros.マックスマン』は全国公開中