スーパーチャージャー付き6.2リッターV8エンジンを搭載するキャデラックレーシング直系のスポーツサルーン「CTS-V」の日本仕様が安全装備を充実させています。

1

新たに採用された「リアカメラミラー」は、ルームミラーをカメラ投影タイプに置き換えるもので、従来比で約3倍の視野を実現して、死角を減らします。

そのほかインフォテインメントシステムが従来のApple CarPlayに加えて、Android Autoにも対応しているのも進化ポイント。

メーカー希望小売価格は、 CTS-V セダン Spec-Aが1335万円、 CTS-V セダン Spec-Bが1475万円(いずれも消費税込)。従来から5万円高となっています。

(山本晋也)

キャデラックCTS-Vがリアカメラミラーを標準装備して安全性アップ(http://clicccar.com/2017/01/07/432998/)