「焼肉デート」で嫌われる女子の行動・6つ

写真拡大

現在では、焼肉にデートで行く人も多いでしょう。自分で焼いて食べることが多いので、行動によってはイヤな印象を与えてしまう可能性もあります。女性から見て、「焼肉デートで嫌われる」と思う女性の行動を見てみましょう。

■肉を焼かない

・「肉を自分で焼こうとしない。サラダなども取り分けない」(30歳/その他/その他)

・「肉を焼かない。サラダとか取り分けない」(22歳/その他/その他)

焼肉で自分で肉を焼かないということは、誰かが世話してくれた肉をパクつくということ。肉の焼き方にうるさい彼氏ならともかく、せっかく来たのだから好きに焼いていいはずですよね。

■肉奉行になる

・「焼き方の仕切り屋。高い肉ばかりを頼む。いきなりサーロインなど」(36歳/不動産/事務系専門職)

・「焼き肉奉行? 何でも今はダメ!これはいい!とか疲れそう」(27歳/その他/事務系専門職)

鍋の食べ方にうるさい人を鍋奉行といいますよね。その他、焼肉で仕切りたがる肉奉行も存在します。鍋とちがって一気に加熱されるわけでもないのに、わざわざ仕切らなくてもと思うのは素人考えでしょうか。

■ニンニクを大量に使う

・「ニンニクが入ったものばかり食べる」(31歳/その他/その他)

・「ニンニクを大量に使う。相手を考えてなさそう」(31歳/その他/販売職・サービス系)

焼肉のニオイといえばニンニクのニオイ。ニンニク自体は味がよく罪はないのですが、デートなのに積極的にニンニクを摂取するのは彼氏への配慮がなさそう。ニオイケアができていればいいのですが。

■野菜ばかり食べる

・「何もしない、お肉ではなく野菜ばっかり食べる」(31歳/その他/その他)

・「サラダ頼んで、ダイエットだからとか言うやつ。来んな!」(29歳/その他/その他)

彼氏の前でガツガツ肉を食べるのも下品かもしれませんが、焼肉デートで肉を食べないのもナンセンス。ぶりっこもいいけれど、食べない彼女に気を遣って肉を勧める彼氏が気の毒ですよね。

■焼けるのが待てない

・「焼いてる肉をトングで触りまくる」(22歳/その他/その他)

・「あまり焼けてないのに待てずに食べる」(27歳/その他/その他)

焼肉をするとき、手持ちぶさたになって肉をいじる人はいますよね。見ていてせわしないですし、あまり触ると高級な部位でもうまみが逃げていきそう。また、生焼けで食べると食中毒のもとにも。

■ニオイを気にしすぎる

・「やたらと服のニオイを気にする女の人」(36歳/その他/その他)

・「大きいファブリーズを持参して使用すること」(29歳/その他/その他)

焼肉=イヤなニオイと意識して、わざわざ店に消臭グッズを持ちこむ女性。対応としては正解なのでしょうが、これ見よがしに見えますよね。家に帰ってから消臭すればいいのではないでしょうか。

■まとめ

楽しげな焼肉デートでも、女性の行動によってはかえって彼氏からの印象を悪くするのですね。何がアウトなのかは彼氏によって異なりますが、まずは同性に嫌われやすい行動を覚えておくと、転ばぬ先のつえとなるかもしれません。

(ファナティック)

※画像はイメージです

※『マイナビウーマン』にて2016年12月にWebアンケート。有効回答数200件(22歳〜39歳の働く女性)