急速に拡大を進める中国スーパーリーグ

写真拡大

 2016年は、習近平国家主席の鶴の一声から始まった「中国足球改革発展総体法案」の、事実上の施行元年にあたり、中国サッカー界は沸きに沸いた。中国人民が、代表戦以上に熱狂するACL(AFCチャンピオンズリーグ)での戦いぶりから、「爆買い」で世界を席巻する中国スーパーリーグ、マルチェロ・リッピ降臨の中国代表の現在地、最後に中国サッカー界で活躍する日本人の動向を総括する。

 まずはACL2016から。

 名将スコラーリ監督率いるアジア王者広州恒大と、アレックス・テイシェイラなどを補強して臨んだ江蘇蘇寧は、グループリーグで敗退したものの、中国の至宝武磊(ウー・レイ)を中心に、ダリオ・コンカやエウケソンといった、実績十分の攻撃陣を擁する上海上港と、スーパーリーグでは下位に低迷する山東魯能が、グループリーグを突破した。その後、両クラブは準々決勝(東地区の準決勝)まで駒を進めたが、共に韓国勢に大敗を喫して大会から姿を消した。ACL2017には、広州恒大と江蘇蘇寧がグループステージから、上海上港と上海申花がプレーオフから出場する。

 次に「爆買い」が最高潮に達している中国スーパーリーグ。

 2016年も、世界的名将の招聘が相次いだが、特に目立った戦績を残した監督がいないため割愛する。

 むしろ、世界的名将に入り混じって、5人もの韓国人監督が指揮を執っている事実を明らかにすべきだろう。洪明甫率いる杭州緑城は、降格の憂き目に遭ったが、彼らは実に現実的な報酬で招聘されており、その上で、世界的名将相手にしっかりと対峙している。中国では、韓国人監督の招聘がひとつの選択肢になりつつある。

◆「爆買い」に興じないクラブはリーグから消える

 リーグ優勝は広州恒だった。リーグ開幕前に、エウケソンを上海上港に放出するなどしたが、ACLをグループステージのみで終えたことで、試合日程に余裕が生じての独走となった。

 アトレティコ・マドリードからジャクソン・マルティネスを補強したが、この補強がまったくの不要だった、と言える程の戦力の充実ぶりで他を圧倒した。

 また、リーグ2位で終えた江蘇蘇寧も、中国最大手家電販売の蘇寧電器(SUNING)の豊富な資金力で大補強を敢行。シーズン途中に指揮官の交代劇もあったが、上海勢の猛追を振り切った。尚、親会社の蘇寧電器は、長友佑都の所属する、イタリア・セリエAの名門インテルナツィオナーレ・ミラノの買収にも成功している。

 河北華夏幸福、延辺富徳の昇格組は、リーグ中位でフィニッシュした。

 資金力の河北、韓国パワーの延辺と言ったところか。因みに河北はシーズン途中で、来シーズンへの布石として、指揮官にマヌエル・ペジェグリーニを招聘している。

 一方で、杭州緑城や石家荘永昌といった低予算クラブが、リーグの残留争いに敗れ、2部(甲級)リーグに降格した。「爆買い」に興じないクラブがスーパーリーグから姿を消す。実に象徴的な結果だったと言えよう。

◆男子に比べ女子は堅実な活躍

 低迷の続く中国代表は、足元に絡み付く香港代表の抵抗に遭った影響で、ワールドカップアジア2次予選を、僅差の2位で辛うじて通過。

 しかし、最終予選は年内未勝利でグループ最下位。既にワールドカップ・ロシア大会への出場は、絶望的な状況にある。中国サッカー協会は、高洪波監督の解任に踏み切り、広州恒大への復帰が既定路線だったマルチェロ・リッピを、三顧の礼で代表監督に迎えた。リッピは既に指揮を執り始めているが、招聘は2022年のワールドカップ・カタール大会出場に向けての布石だ。

 その一方で、中国女子代表は、リオデジャネイロ五輪のアジア最終予選で、なでしこジャパン(日本女子代表)などを破り五輪本大会に出場した。本大会でもクループリーグを突破して、8強進出を果たしている。

<池田宣雄>
1970年生まれ、神奈川県茅ケ崎市出身。都内の大学で中国語を学び、1992年に入社した大手物流会社で上海勤務。2002年に香港にてビジネスコンサルタントとして独立。2012年からフットボールコーディネーターとして、日本人指導者や選手たちの海外移籍の仲介や、サッカー専門誌などでの執筆活動を開始。AFCB香港紫荊會代表。香港サッカー協会アソシエイトメンバー。香港在住。

<アジアサッカー研究所>
東南アジアを中心としたアジア新興国と日本およびアジアの国々のさらなる発展のために、各国の取り組みをリサーチし、関係者に共有し、さらなる価値を創造していくことを目的として、人材開発とコンサルティング分野など、日本とアジアのサッカー交流を加速させるプロジェクトとして活動している。http://ja.ifaf.asia/