作家・井沢元彦氏が解説

写真拡大

 毎年、ノーベル賞の季節になると、今回こそは受賞者がいるかと気にする国は多い。なかでも韓国は、自然科学分野での初受賞はまだかと待ち焦がれている状態だ。作家・井沢元彦氏による週刊ポストの連載「逆説の日本史」より、なぜ韓国人が自然科学分野でノーベル賞を獲れないのかについてお届けする。

 * * *
 なぜ自然科学の分野ではいまだに韓国人は誰一人としてノーベル賞を獲れないのか?

 韓国人にとっては耳の痛い問題だろう。あるいは私がこの問題を取り上げること自体、韓国に対する悪意のあらわれと受け取る韓国人もいるかもしれない。とんでもない誤解である。私は韓国に早く普通の国家になって欲しいと思っている。具体的に言えば、何百年も韓国を蝕んでいる朱子学の悪影響から早く脱して欲しいという意味である。

 まさに、その朱子学の影響を受けた韓国の某作家のように「日本に原爆を落とす」などという作品を書こうというのではない。それなら悪意だが、私がこれから書くことをきちんと受け止め、教訓としてくれるならば韓国人自身にも自然科学の分野でノーベル賞を獲れない原因がはっきりわかり、それは当然韓国と韓国人のためになるはずである。

 むしろ「書かない」ことこそ悪意である。韓国人はその理由をいつまでたっても把握できないことになるからだ。

 そしてもうひとつ韓国人側に求めたいのは、冷静に論理的に話を聞くことである。韓国人はこと日本に対する問題だと、歴史であれ、政治であれ、経済であれ、スポーツさえも「見境無くカッとする」人間がじつに多い。人間、怒りに我を忘れると、とてつもなく感情的になり、冷静な議論を受け付けなくなる。これではどうしようもない。大切なのは論理であって感情ではないのだ。

 でははじめよう。じつは韓国人が日本のこととなるとすぐに興奮することも、ノーベル賞を獲れないことも、同じ理由すなわち朱子学なのである。おそらく韓国人はこれを聞くと怒るか笑うかして否定するだろう。そこのところがわかっていない証拠なのである。

 韓国には外国から「ウリジナル」と揶揄されるとんでもない「文化」がある。空手であろうが生け花であろうが中国の儒教であろうがどんなものでも韓国が発祥の地であるという韓国起源説だ。

 まずは冷静に考えて欲しい。こんなことを主張している国は世界の中で他にあるかということだ。確かに個々の事物あるいは文化について「それはわが国が発祥だ」と言い争っている国々はある。しかし、すべてのものが自分の国の発祥だと言っている国家は韓国以外には無い。あの、自分の国が世界の中心だという中華思想の本家本元中国ですら、そんなことは主張していない。つまり、これは韓国人だけの発想だということにまず気がついて欲しい。

 では、これは正しい主張なのか? 韓国人は当然正しいと主張する。多くの外国人はそこで「そんなバカな」と笑い出すだろうが、ここで論理的に彼ら韓国人の主張が正しいと仮定してみよう。

 そうすると、すべてのオリジナルなものは韓国人の発見および発明ということになる。

 一方、ノーベル賞というものの本質は何かと考えてみれば、特に自然科学の分野におけるノーベル賞というのは、オリジナリティーの極致であると言える。これは誰しも異論が無いはずだ。すると、韓国人のオリジナリティーを生み出す能力が、その主張どおり人類最高だとしたら、当然韓国人から自然科学の分野におけるノーベル賞の受賞者が輩出、いや韓国人で独占しても不思議はないはずだ。論理的にはそうなるはずである。

 しかし、そうではない。実際は輩出、独占どころか2016年の時点で韓国人の受賞者は一人もいない。ということは大前提とした「すべては韓国発祥である=韓国人のオリジナリティー創作能力は人類最高」という仮説が間違っていたということだ。

 むしろ一人もいないのだから仮説とは真逆の「韓国発祥のものはほとんど無い=韓国人のオリジナリティー創作能力は人類最低」というのが真実であるか、少なくとも真実に近い、ということなのである。

 ここで、そんなことは絶対に認めないと叫んで、冷静な議論が耳に入らなくなるようでは、韓国人は永遠に朱子学の悪影響を脱することはできない。そう叫ぶこと自体、じつは朱子学の毒に冒されているのである。

※週刊ポスト2017年1月13・20日号