防弾少年団 ジン&J-HOPE、本日(7日)放送の「ペク・ジョンウォンの3大天王」に出演…食事をしながら繰り広げるトークに“期待”

写真拡大

SBS「ペク・ジョンウォンの3大天王」では、防弾少年団のジンとJ-HOPEの“モクバン(食べる放送)”が公開される。

韓国で本日(7日) に放送される「ペク・ジョンウォンの3大天王」に出演したジンは、「鳥のネジャンタン(内臓スープ)」の試食チャンスを獲得した。ジンは「ダイエット時、1日に鳥のムネ肉2パックで1年間辛抱した」と話し、濃厚なピリ辛の鳥のネジャンタンのスープを飲んで「タッポクムタン(鶏肉の炒め煮) より2倍ほど濃縮された味だ」と表現した。口に合ったのか、汗までかいてモクバンに夢中だった。さらに彼は「大学同期である俳優イ・ウォングンと肉12人前、ライス7杯、冷麺2杯まで食べたことがある」と話した。

J-HOPEはウジョクタン(牛足湯) を試食した。「牛足がプリプリしててゼリーを食べているようだ」と話したJ-HOPEは、スープと牛頭部まで攻略し、落ち着いて試食していった。それを見ていたイ・シヨンは「最高の味を評価する専門家のオーラが感じられる」と感嘆した。J-HOPEは「ウジョクタンのおかげで2017年の新年から、ちゃんと目の保養ができた」と、方言ラップとパワフルなダンスで応えた。

また、ペク・ジョンウォンも自ら鳥のネジャンタンとウジョクタンを試食した。ペク・ジョンウォンは「鳥のネジャンタンは好き嫌いが別れるが、マニア層がいる。私も鳥のネジャンタンを探して地方のあちこちを探していくほど魅力的な料理だ」と話した。さらに全州(チョンジュ) の鳥のネジャンタン名人がスタジオに出演して、材料をこしらえる際のコツとして小麦粉を使っていることを公開した。

他にもペク・ジョンウォンならではの「DIYヌードル」も登場する。ウジョクタンに入っているそうめんにカクテキの汁を入れてヨルムキムチと混ぜて食べる、ペク・ジョンウォンオリジナルのヌードルを今日の放送で確認することができる。