写真提供:マイナビニュース

写真拡大

アイドルグループ・Hey! Say! JUMPの中島裕翔が7日、都内で行われた主演映画『僕らのごはんは明日で待ってる』(1月7日公開)の初日舞台あいさつに、共演の新木優子、美山加恋、岡山天音、市井昌秀監督とともに登場した。

同作は、小説家・瀬尾まいこによる同名恋愛小説の実写化作品で、『箱入り息子の恋』の市井監督がメガホンを取った。無口な草食系男子・葉山亮太(中島裕翔)と明るいポジティブ系女子・上村小春(新木)の2人の7年にわたる恋と秘密を描く。

新年の公開となったが、中島は2017年、「いろんな髪の毛にチャレンジしたい」と抱負を述べ、「最近だとうちのグループの八乙女光というのがいるんですけど、あの人はピンクやら青やらまっ金金やら、それで昼の番組でて大丈夫?っていうくらい変えてて遊んでたから楽しそうだなと思って」と理由を説明した。「つるっ禿げの坊主とかやってみたい」と言うと、観客からはブーイングが発生。中島は「言うと思ったよ! 僕のファン、前髪あるのが好きなんで」と笑いながら、今後は真っ白な髪色にも挑戦してみたいと語った。

またこの日は、市井監督がサプライズで主演の二人に手紙を持参。中島は「だから台本にキャスト用って書いてあったんだ!」と驚いた様子を見せた。監督が涙で時折言葉に詰まりながらも二人への思いを吐露すると、新木は目元を拭い、中島も涙をためて鼻をすする。メッセージを受け取った中島は、「やばいですよ、マジで。皆さんいなかったら号泣してたと思います。素敵なお手紙をありがとうございます」と頭を下げていた。

■市井昌秀監督の手紙全文

映画『僕らのごはんは明日で待ってる』は2016年1月末に、猛暑のタイでクランクインし、日本では極寒の2月に撮影しました。

裕翔くんへ。
映画では冒頭の特に寒かった秩父のデパート屋上のシーン、双眼鏡に手を添えるだけでもあまりの冷たさに手が凍り、張り付いてしまうほどでしたが、あなたはその痛みに耐えながらも顔色ひとつ変えることなく、元気に現場を引っ張ってくれましたね。
小春の秘密を知り、片桐はいりさん扮する山崎の前で気持ちを吐露するシーン、アングルをいくつも変えたので何度もやらなければいけない中、小春の状況に近い方が身近におられるということで、その方の痛みを想像しながら、あなたは何度もポロポロと涙を流しながら演じてくれましたね。小春が日常に戻り、公園で子供たちをふと見つめるシーン、日常に戻る喜びの涙を流すことに苦労していた優子ちゃんに「いつまでも待つから」と、そっと寄り添っていましたね。
裕翔くんは気遣いの人です。よくぶっきらぼうな見た目の人が、実は優しいというギャップがステキで得をする人がいます。けれど、中島裕翔は得しません。いい意味でそのままだから。あまりに自然すぎて、誰もその気遣いに気づかない可能性すらあるから。けれど、あなたの他人を思いやる心根の優しさ、座長として現場を推進する芯の強さに、僕含めスタッフ一同全員が気付いていました。

優子さんへ。
まだ小春役に決まっていない時、お会いしましたね。正直、お会いするまではスタイルは抜群に良すぎるし、CMで見る笑顔も実は完全に作り笑顔で、全く人間味のない人だったらどうしようとそわそわしていました。しかし、そんな不安は杞憂に終わり、お会いしてあなたの片思いだった人の話をやけに細く聞かせてもらい、ここに小春がいると気づかせてもらいました。
小春が日常に戻り、公園で子供たちをふと見つめるシーン。日常に戻る喜びを想像し、涙することはとてもとても困難なことだったと思います。そういった部分を少しでも引き出したく、僕は現場で星野源くんの曲をイヤホンで聞かせましたが、あなたはあまり響きませんでした。そして、優子ちゃんご自身で選ばれた曲は、僕がまったく興味のない女性ボーカルのものだったので、僕はあまりのギャップに正直愕然としました。けれど、最後にはきっちり真意を汲み取ってくれましたね。
何度も言われてるだろうから恐縮ですけど、新木優子は笑顔の人です。無理せず、自然と発するあなたの笑顔が小春につながり、さらには真冬のきつい現場の中、僕含め、周りのスタッフ・キャストがどれだけ救われたことか、計り知れません。

お二人へ。
およそ1年前に顔合わせも兼ねた読み合わせをしたこと、今でもはっきり覚えています。感情は考えるものではない。うまくやろうとしないで、背伸びしないで、二人の中に葉山亮太と上村小春はすでにいるから。それは天音くんの塚原もそうですし、美山さんのえみりもそうです。何度も言いましたね。芝居をしない芝居に挑戦した事で、本人と役との境界をあえて曖昧にしたことで、全てを自分ごとにしなければいけないきつさがあったことと思います。
お二人が各々自分自身と向き合い、きちんと自分の痛みと捉えてその場に存在してくれたおかげで、亮太と小春はスクリーンの中でちゃんと生きています。
『僕らのごはんは明日で待ってる』チームの強い結束力も、2月14日の体育祭での奇跡の晴天も、お二人の作品に対して 真摯に向き合うひたむきな姿勢があったからこそです。最後まで駆け抜けてくれてありがとう。まだまだ監督として未熟な自分についてきてくれてありがとう。2017年1月7日、市井昌秀でした。