MIXX「韓国のガールズグループだが、外国人メンバー数が多いのが特徴」

写真拡大 (全3枚)

韓中合作グループMIXXが新しいスタートを控えている。辞書的な意味から分かるようにMIXXは、中国人3人に韓国人2人で構成された混合ガールズグループだ。今回2ndシングル「恋は突然」を通じては、4人組ではなく5人組で再編成した。昨年9月、Mnet「サバイバル MOMOLANDを探して」を通じて顔を知らせたヒユと、174僂猟洪箸蛤戮さ喟美を誇示するミアを新メンバーとして抜擢したのだ。

「私たちは清純で可愛く、爽やかなアイドルの感じを強調したグループです。中国人メンバーも多く、韓国人メンバーもいるが、他のアイドルとは異なり、外国人メンバー数がより多いのが差別化した部分です。グループ名のように国籍が混ざっており、身長の差が激しいなど個性が明確なのが特徴です。今回ガールズグループとして最も理想的な人数である5人で再編成し、皆最善を尽くして準備しています」

ハンナ、アリ、リヤは中国人メンバーだ。彼女らは口を揃って韓国人メンバーたちに対して感謝の気持ちを伝え、活動に対する意志を示した。この前、デビューアルバムをリリースした当時、言葉の問題などで辛い時期を過ごしたが、今回には頑張って、さらに活発なステージを披露する計画だ。

「言葉の問題で放送にたくさん出演することができなかったです。しかし今は以前より韓国語の実力が伸び、バラエティにも出演したいです。4人組として活動する時より負担も減り、お互いの頼りになることができて幸せです。二人の姉さん(ヒユ、ミア) がとても明るく、配慮してくれて嬉しいです」(アリ)

少女時代を見てK-POPに対する関心を育て、その後歌手という夢まで持つことになったと話すアリ、ミヤ、ハンナは「今回が最後のチャンスだ」という考えで、他国で厳しい生活に耐えることができたと付け加えた。特にアリは幼い頃から舞踊とバレエなどをしたが、歌手になるためむやみに韓国行きを選択したという。

ヒユもMOMOLANDのデビューに失敗して挫折したが、良いチャンスを得て比較的に早いうちにデビューすることができた。

「親しかったメンバーたちと競争するのが一番苦しかったです。しかし今考えてみると、実力が伸び、多様な経験をした時間でした。当時、一番年上でしたが、今は年下たちが活動することを見ていると新しく、刺激になります。早くトップの座で会える日を待っています」(ヒユ)

ヒップホップ、R&Bをベースにしたアーバンミュージックを目指すMIXXの2ndシングル「恋は突然」は、恋愛が初めてである5人の少女の恥ずかしさと爽やかさ、そして大胆で勇気ある告白を描いた曲だ。特にこの曲はUntouchableとPaloaltoなど、人気ヒップホップ歌手たちの曲をプロデューシングしたマジンチョイとヒップホップデュオBling The CashのメンバーChaboomが共同プロデューサーを務めた。従来のガールズグループから感じることができなかったフレッシュな感じを、音楽を通じて味わうことができると期待される。

MIXXは韓国で6日の午後6時に放送されるMnet「M COUNTDOWN」を皮切りに、本格的な放送活動に乗り出す。