「トッケビ」キム・ソラ、共演中のコン・ユの人柄を絶賛“とても寒い日に…”

写真拡大 (全3枚)

「猫年調理師」から「トッケビ」まで、幅広く活躍しているキム・ソラがグラビアを通して魅力をアピールした。

雑誌「bnt」側はキム・ソラと最近撮影したグラビアを公開した。2013年tvN「ローラーコースター3」でデビューし、演劇「猟奇的な彼女」で大学路(テハンノ) で顔を知らせた彼女は、O'live「猫年調理師」で視覚障害者のヒロイン役を完璧に演じ、演技力を立証している。最近はtvN「トッケビ」で復讐幽霊として登場し、視聴者の関心を集めた。

撮影が終わった後続いたインタビューで彼女は、普段サバサバとした性格の持ち主らしく、率直で愉快な言葉で自分だけのストーリーを作っていった。最近、tvN「トッケビ」で復讐幽霊で登場している彼女に共演する俳優たちとの呼吸について聞くと「現場の雰囲気がとてもいい。そして(ファン) ソクジョン姉さんが幽霊役の俳優たちを自宅に招いて料理もしてくれた。料理の腕前が高く、本当においしく食べた」と笑ってみせた。

共演しているコン・ユについて聞くと「コン・ユ先輩に惚れ惚れした姿があるが、天気がとても寒かった日に、暖炉一つを私たちの方に向けて譲ってくれたことがある。あのとき、とても感動し、人柄も完璧で尊敬した」と伝えた。

現在、O'live「猫年調理師」でヒロインを演じている彼女は、感想を聞く質問に「私にはありえないぐらい、大きな役だ。CJからInstagram(写真共有SNS) メッセージで提案をしてきたが、最初は当然イタズラのメッセージだと思い、返事をしなかった。しかし、本当にキャスティングの連絡が来たのだった」と話した。

続いて最近テレビで顔を見せる回数が増え、両親に親孝行している気分だという彼女は「猫年調理師」に対する感謝を表現したりもした。

演劇「猟奇的な彼女」で“彼女”を演じたキム・ソラは、“大学路のチョン・ジヒョン”と呼ばれているが、これに関する感想を聞くと「そんなことは言わないで欲しい。その修飾語は『猟奇的な彼女』に出演したことで得たタイトルに過ぎない。そのようなことを言われるたび恥ずかしく、プレッシャーを感じる」と謙遜する姿を見せた。

ロールモデルを聞く質問については「ナ・ムンヒ先生だ。長い間映画、ドラマ、演劇、ミュージカルなど様々な分野で役割を問わず、演技するその事実一つだけでも尊敬できる」と伝えた。