ヒートテックの正しい着方とは?”ヒートテクニック”を紹介!

写真拡大 (全4枚)

寒くなると、ヒートテックが手放せない!なんて方も多いのではないでしょうか。1枚でも暖かいヒートテックインナー。重ねて着れば、もっと暖かくなるの?ユニクロが検証結果を発表しました。

みんなが思っている疑問

ヒートテックインナーは、冬には欠かせないものになってきましたよね。
2003年に発売されてから、年々進化し続けているんです。
2014年には、ヒートテックよりも約1.5倍暖かい「極暖」も発売されました。
ヒートテックは、1枚着るだけでも暖かいですが、重ね着したらさらに暖かくなるんでしょうか。

重ね着派?1枚派?

ヒートテック1枚と、Mサイズのヒートテック2枚重ね、Mサイズの上にLサイズのヒートテックを2枚重ねで、暖かさを比べてみましょう。
実は、1枚だけ着るよりも、2枚重ねで着た時の方が温度が高いんです。
重ね着することによって、暖かさが増すんですね。
さらに、同じサイズの重ね着よりも、ひとつ大きいサイズのものを重ねた時の方が、温度が高いことが分かりました。

暖かさのカギ

暖かさのカギとなったのは、なんと空気の層なんです。
ダウンジャケットや羽毛布団をイメージしてもらうとわかりやすいと思います。
空気の層があることによって、保温効果をアップすることができるんです。
ひとつ大きいサイズのヒートテックを着ることによって、空気の層ができるんですね。
他にも熱抵抗の値を比べてみたところ、Mサイズの上にLサイズの2枚重ねは、1枚重ねより2.2倍暖かいという結果になりました。

お好みの暖かさにアレンジ

極暖は、通常のヒートテックと同じ糸を使用していますが、特殊な編み方をすることによって、1枚着でもヒートテックの約1.5倍の暖かさ。
この極暖も組み合わせれば、寒さ対策もできそうですね。
自分のシチュエーションに合わせて、ヒートテックも組み合わせてみてくださいね。

寒さに強い人・苦手な人、室内にいることが多い人・屋外にいることが多い人。
皆さんそれぞれの寒さ対策が必要になります。
上手にインナーを調節して、健康的に過ごしていきたいですね。