ソン・ユナ「THE K2」放送終了の感想を率直に語る“多くの方々の心に残る人物になった”

写真拡大 (全3枚)

女優ソン・ユナがケーブルチャンネルtvNドラマ「THE K2」の放送終了の感想を率直に明かした。

最近、女性総合マガジン「女性中央」とグラビア撮影及びインタビューを行ったソン・ユナは、2017年新年を迎えて一歩進んだ女優の堂々とした姿をカメラに収めた。

インタビューでは「THE K2」で演じたチェ・ユジン役について語った。ソン・ユナは「『THE K2』が今までの作品と違う意味を持ったのは、チェ・ユジンという人物がとても好評だったからだ。多くの方々の心に残る人物になった。私の演技は下手じゃなかったんだなと思った」と話した。

「演技に対しては欲張りたい」と言うソン・ユナは「正直言って、もっとうまくやりたいし、これからも上手になっていきたい」と付け加えた。

ソン・ユナは役者としての欲だけではなく、平凡な女性としての日常、年を取っていくということについても率直に語った。