4日、韓国・釜山市で3日、「クラクションを鳴らされた」との理由で、ハンマーで相手の車を破損させた30代の男が警察に逮捕された。資料写真。

写真拡大

2017年1月4日、韓国・釜山市で3日、「クラクションを鳴らされた」との理由で、ハンマーで相手の車を破損させた30代の男が警察に逮捕された。

警察によると、男は昨年10月、釜山市佐洞の道路で、女性Aさん(49)の車のボンネットをハンマーでたたいて逃走した。さらに、男は追いかけてきたAさんが車の進行を妨害すると、再びAさんの車のボンネットやサイドミラーを数回にわたってたたき、破損した。

男は警察の取り調べで、「車線を変更する際にクラクションを鳴らされたので腹が立った」と話したという。

これについて、韓国のネットユーザーは「凶悪な社会で暮らしていることを実感する」「韓国の道路上で割り込みとクラクションは日常茶飯事なのに」「結果だけでなく過程も教えてほしい。女性にも問題があったのでは?」などのコメントを寄せた。(翻訳・編集/堂本)