仲良しの友人から結婚の報告を受けるたびに、「そろそろ私も……」と焦りを感じてしまいますよね。でも、逆プロポーズする勇気はないし、一体どうしたらいいの?

そんな女性のために、20〜30代既婚男性を対象に「イイ女」の特徴を徹底リサーチ! 憧れのプロポーズへの近道を探ってみました。

 

■家庭的であることをアピール

「やっぱり美味しい料理を作ってくれる女性と一緒になりたい。だって自宅に帰ったら、いつも彼女の料理を食べられるからね」(28歳/金融)

「掃除洗濯はもちろんだけど、金銭感覚のしっかりしている女性がいいな。もちろんケチなのは困るけど」(33歳/メーカー)

なかなか結婚に踏み込めないカレを本気にさせるには、料理や洗濯、掃除など、しっかりと家事をこなすところを見せて、「意外としっかりしているんだ」と思わせることが大切です。料理が苦手な女性は、整頓上手な一面を! 片付けが苦手な女性は、子ども好きで社交的な一面を見せるのなど、あなたの得意分野でアプローチするのがポイントですよ。

 

■自分から結婚話をしない

「“私と結婚する気ある?”って問い詰められたときは、正直ガッカリした。結婚する気がない訳ではなかったけど、その子とは別れちゃった」(35歳/法律)

「男にとって結婚はかなり勇気のいる決断だから、急かされると本当に焦る。俺は3年以上待たせてからプロポーズしたけど、彼女から一度も結婚話をされたことがなかったかな」(29歳/建築)

男性は改めて結婚を迫られると、「今のままで十分幸せなのに」「まだ結婚するタイミングではない」と身構えてしまうといいます。つまり、なかなか煮え切らないカレに結婚を意識させるには、あえて“結婚話”をせずに過ごすのが効果的だということ。

 

■恋愛依存せず、自由奔放に振る舞う

「誰にでも好かれるタイプの女性だったから、放っておいたら誰かに取られてしまいそうだと思ってプロポーズした」(31歳/商社)

「自分を持っている女性って魅力的だよね。お互いに尊敬できる関係を築きたいから、恋愛に依存するような女性は論外!」(30歳/公務員)

男性たちを虜にするのは、やっぱり自分を持っている女性。体を動かしたり、本を読んだり、音楽を聴いたり。お互いに共感できる趣味とは別に、カレに尊敬してもらえるような特技を身に付けているとよいでしょう。恋愛に依存せず、自由奔放に振る舞うあなたの姿に「早く掴まえておかないと……!」と男性は焦りを感じるはずですよ。

 

■床上手になる

「男と女の関係。ベッドの上での振る舞いは、かなり重要だと思う。カラダの相性が合わない女性とは、一生を共にできないから」(32歳/情報)

「エッチの時にどんな要望にも応えてくれる。どんなに疲れているときも尽くしてくれる彼女を、一生大切にしないと罰が当たると思った」(27歳/福祉)

男が本能的に話したくないと思う女性とは、ベッドの上でカレを骨抜きにしてしまうテクニックの持ち主。いつもは控えめでも、エッチのときは快楽に負けて大胆に腰を振ってしまう……。そんなエロい女性の虜になってしまうといいます。あなたも恥を捨てて、カレをイカせる技を身に付けてみてはいかがですか?

 

今回ご紹介した4つのポイントを参考に、あなたも“イイ女”を目指してみては? カレに「もう離れられない」「結婚したい」と実感させることができるはずです。

【取材協力】

※ 20〜30代既婚男性

【画像】

※ Sveta Yaroshuk/shutterstock

【関連記事】

※ 結婚する前にチェックしておきたい。彼氏の「元カノ事情」3つ

※ そろそろ落ち着こうかな。彼氏にさりげなく「結婚」を意識させるコツ4つ

※ いよいよ結婚。男が「プロポーズ」を決意するきっかけ3選

※ 血液型別「結婚すると苦労する」男子ランキング!2位のO型はDV夫予備軍…

※ 幸せな「結婚生活」を送る秘訣【崖っぷちアラサーOLが結婚するまで#16】