いまだに引っかかる人がいるのが不思議だ。群馬・千代田町の30歳の男性が、アダルトサイトの解約料名目などで計1124万円余りをだまし取られ、県警が詐欺事件として捜査している。

 県警によると、男性は昨年11月19日に見たアダルトサイト上に、「登録完了しました」という表示が出たため、翌20日に“業者”に電話。解約料名目などで約35万円を請求され、支払ってしまった。再三、注意喚起されてきた「ワンクリック詐欺」の典型だ。

 それなのに男性は、その後もだまされ続け、12月27日までに計39回、1124万円余りを巻き上げられたというが、他人事じゃない。国民生活センターに寄せられたアダルトサイトに関する相談件数は、14年に11万1937件、15年に9万5545件だ。都内の弁護士が匿名を条件に明かす。

「被害男性を『バカだ』と思った人ほど実は危ない。プライドが高いからです。この手の請求は基本的に無視し続ければいいのですが、『俺さまはだまされない』という人ほど、わが身に降りかかるとパニックに陥り、他人に相談もできない。手玉に取られやすいのです。実際、被害者にはそういうタイプも多いですね」

 アナタは大丈夫?