女性誌『Suits WOMAN』で注目を集めた「貧困女子」。これは、普通の毎日を送っていたのに、気がつけば“貧困”と言われる状態になってしまった女性たちのエピソードです。

今回、お話を伺ったのは、アパレル関連の会社に勤務する大山理恵さん(仮名・35歳)。彼女は大学卒業後、転職を繰り返しており、「前の会社に長くいれば、こんなに困っていなかったかも」と話していました。

取材時の服装は、毛玉だらけのグレーのニットワンピース。上半身はガリガリと言ってもいいほどスレンダーなのに、下半身がドーンと太くアンバランスな印象を受けました。ヘアスタイルはかなりブリーチが入っているパッツンボブ。米版『VOGUE』の編集長、アナ・ウインターのような感じで、仕事がデキる女という雰囲気。サングラスをしていましたが、メイクを厚めに塗っているから、年齢よりも上に見えてしまいます。

ワンピースがグレーなのに、ブーツもグレー。スエード素材っぽいのですが、よく見ると量販店で売っているフェイクタイプで、ダルメシアン柄のフェイクファーがついています。バッグはフランスブランドのトートバッグ。リアルレザーのもので、15万円くらいするアイテムです。

彼女の月収は手取りで18万円。都内で1人暮らしをするには全く足りず、夜のアルバイトもしているそうです。今までのキャリアについてお話を伺いました。

「日本で一番学生の数が多い大学を出て、証券会社に就職しました。そこそこ大手だったので、長野の親は大喜びでした。しかし、入ってみれば、訪問販売みたいなセールスの仕事や、名刺を100枚交換するまで帰ってはいけないという謎の研修、屈辱的だった電話の受話器を左手にガムテープで止めてテレアポするなど、今では考えられないことが行なわれている、パワハラ極まる世界でした」

真面目な女は損をすると痛感する

入社して2週間で理恵さんは辞表を提出。会社は新卒の退職に慣れていたようで、あっさり受理されたとか。

「同期入社した人と後で話したら、パワハラ研修を真に受けて、怒ったり、達成できないと泣いたりする“真面目な人”だけが辞めていったそうです。仕事と自分個人を切り離し、“まあ仕事ってこんなもんだよね、デキないことはデキないんだからさ”というように、サボっていた人が、今も会社に残って高給取りになっているとか。正義感が強い私みたいな人は損しますね」

証券会社を辞めた後、パン屋さんでアルバイトをし、そこの正社員になったとか。

「おしゃれなパン屋さんで、そこが好きだったので、アルバイトをはじめました。周囲が高卒ばっかりだし、私の頑張りが認められて、半年で店長に、1年で正社員に昇格。早朝も大みそかもガンガン仕事して、毎日が充実していましたが、1年間毎日パンを作るのに飽きちゃって。それで転職しようと思いました」

理恵さんが辞めた理由はそれだけではありません。

「そこのパン屋さんは大手製粉会社が経営母体で、同じ社員でも私みたいな現場採用と、本部採用の社員では、待遇に天と地の開きがあると感じました。向うはスーツ着てるし、私は作業着だし。本部採用の新卒の子が、研修目的で偉そうにお店に来るのもカチンときて。当時、24歳でしたが、これからどんどん追い抜かれて行くし、ホントに好きなことを仕事にするにはどうしたらいいだろうと迷って、憧れていたマスコミやデザイン業界を目指しました」

そして25歳の時に、タウン誌の編集を手掛けるプロダクションに就職。

「見習社員の3か月間は、月収10万円でこき使われていました。寝る間もないくらい忙しかったけれど楽しかったですね。でも、クリエイティブなことは全くできなくて、毎日住所と電話番号の確認、資料集めなどで嫌気がさして、正社員になって6か月で辞めました」

その後は、美容業界、旅行代理店、飲食関連と脈絡ない転職を繰り返していきます。

「どれも地味な確認作業ばっかりなんですよ。書類を作ったり、資料を集めたり。美容業界にいたときは、毎月20誌の女性誌に掲載されているアイテムがどのブランドが何個であるかを、ひたすら数え続けていました。そんな誰でもできるような仕事は、私の仕事ではありません。どれだけ転職しても、自分に向いている仕事もわからない。転職を重ねるほど条件が悪くなっていく気がするし、実家に帰れば結婚しろと言われる。収入もどんどん落ちて行って、待遇も正社員採用は厳しいと感じるようになりました」

がんばっても報われない。日々積っていく終わらない雑用に転職を繰り返す。

やりたい仕事が見つからない。でも華やかでデキる女になりたい……転職の果ての転落とは!? 〜その2〜