北朝鮮の労働新聞は6日、日本の安倍晋三首相が真珠湾を訪問したことを非難する論評員の記事を掲載。同日、朝鮮中央通信が報じた。

記事は、安倍首相が昨年12月26日から27日まで、現職首相として初めて米国ハワイの真珠湾を訪問したことを取り上げながら「安倍は、戦争の惨禍は二度と繰り返されてはいけないとし、戦後70余年日本の平和歩行に静かな誇りを感じると言いふらした」と指摘した。

また、オバマ米大統領との会談で、「日・米同盟の幅を拡大し、米国、南朝鮮との三角軍事同盟をさらに強化すべきだ」と述べたことに対して「発言の内容を集約してみれば犠牲者に対する形式上の追慕をしただけで、過去の犯罪に対する謝罪や反省はたった一言もしなかった」と非難した。

さらに、「安倍がいくら多くの胸算用を抱いて米国にへつらっても実現されるものは何もない」と強調した。

そのうえで、「米国を後ろ盾にしてアジアと朝鮮半島に対する再侵略野望を実現しようとする安倍の好戦的妄動は、日本を紺碧の海の中へそっくり水葬する破局的結果だけを招くことになるだろう」と主張した。