女子に聞いた!飲み会太りを防ぐかしこいテクニック

写真拡大



飲み会が続く時期は、楽しい反面ついつい食べすぎちゃってやばい!なんてこともありますよね。今回はそんなイベント太りを防ぐ方法を紹介します。

■◆ 計画的に食べる

「飲み会や食事がある日は、朝から食事を制限します。もつ鍋屋さんで飲み会をするとわかっている日はランチにお肉を控えたりします」(28歳/食品)

「女子だけの飲み会をする日は、甘いものをしめに食べる確率が高いので前日から甘いものを食べないようにしています」(26歳/不動産)

夜に食事の予定があるのに、朝も昼もおやつまでがっつり食べていたらそのまま太ってしまいます。楽しい食事の席は思い切り食事を楽しみたいものです。1日トータルで摂取カロリーを考えて朝・昼・間食の調整をしていきましょう。

■◆ 計画的に飲む

「今週は飲み会が多いなというときは、事前に飲み会の内容にあわせてどれくらい飲むかを考えていきます。今日は会社の飲み会だからあまり酔っ払わないようにしようとか。今日はとことん飲むぞ!とかメリハリをつけるようにしています」(25歳/公務員)

「飲み会が続く日は、飲んでもいいけどおつまみはヘルシーなものにするなどルールを決めています」(24歳/教師)

何も決めずにずるずるとお酒を飲んでしまえば、その分食べる量も増えていきます。今日はどれくらいでやめておくのか、自分の中であらかじめ計画をたてて飲み会に参加しましょう。飲み放題だし元ををとるぞ!という考え方はNGです。

■◆ 飲み会は幹事になる

「積極的に幹事になります。幹事になればまわりに気をつかわないといけないので無理やり飲まされることもありません。食べる量も制限できます」(25歳/販売)

幹事で忙しく動いていれば、飲む量や食べる量も自然にセーブできます。だらだら食べやだらだら飲みも防げて一石二鳥ですよ。あんまり飲みたくないなというイベントがあったらぜひ積極的に幹事に立候補してみましょう。

■◆ 空きっ腹で参加しない

「仕事終わりに、空きっ腹でビールを飲むとたしかにおいしいのです。でも酔いも早くなるしデブへの道まっしぐらなので、事前に野菜ジュースを飲んだりしています」(24歳/メーカー)

「スタート時間が遅い飲み会は、飲み会前にちょっとしたものを食べていきます。ヨーグルトとかナッツとかデスクでちょっと食べられるものです。それでだいぶ暴飲暴食も防げます」(26歳/サービス)

お腹が減った状態で夕食の買い物に行くと、ついついいつもよりたくさん食材を買ってしまうということもあるのではないでしょうか。飲み会も同様、お腹が空いた状態で参加をすれば欲望のまま飲んで食べてしまうでしょう。参加前に小腹をみたしていきましょう。

■おわりに

せっかくの楽しいイベントで飲むのも食べるのも我慢はしたくないですよね。計画的に会に参加して、当日は思い切り飲食を楽しみましょう。楽しく食べて体型も維持がモテへの近道ですよ!(夏目英実/ライター)

(ハウコレ編集部)