自宅で簡単にできる脚のムダ毛処理。正しい剃り方とは?

写真拡大

女性なら誰もが気になる脚のムダ毛。サロンでの脱毛という方法もありますが、多くの時間やお金もかかります。もし自宅で手軽に行うことができたら、その悩みも解消できますよね。自宅でムダ毛処理を行うための正しい剃り方をご紹介します。

自宅での処理方法

Young woman in Spa getting legs waxed for hair removal

自宅でのムダ毛処理方法には様々な方法があります。

剃刀による処理、毛抜きによる脱毛、ワックスによる脱毛等です。

以下の章では、剃刀による方法をご紹介します。

 

自宅での剃刀によるムダ毛処理で気を付けておきたいこと

Closeup photo of young woman smearing cream on her leg

シェービング前は体を清潔にして雑菌を洗い落とします。

蒸しタオルで毛穴を開き、シェービングクリームやジェルを塗ってから剃ると、スムーズに剃りやすくなります。

毛の流れに逆らわずに、上から下に剃刀を滑らせるようにしましょう。

剃刀負けを防ぐために、2枚刃以上の複数枚刃の剃刀を使用することがおすすめです。

シェービング後は、雑菌が入らないよう冷水につけたタオル等で毛穴を引き締めて。

保湿も、敏感肌用のクリームでしっかりと行ってくださいね。

 

脚のムダ毛の剃り方

シェービングクリームやジェルを片方の脚につけます。広い面は毛の生えている方向に沿って、剃刀をスッと長く動かしましょう。膝等の骨ばったところは、細かく剃刀を動かすようにしましょう。もう片方の脚も同じ手順で行います。

 

 

間違ったムダ毛の剃り方

Shaving Tools, vintage

逆ぞりは、剃刀の刃で毛穴を傷つけてしまうので行わないようにしましょう。

また繰り返し剃る行為も、炎症による色素沈着を起こす可能性があるので避けてください。

乾いたままの肌のシェービングも、肌へダメージを与えてしまうため、クリームやジェルは必須です。

剃刀は消耗品であるため、古い剃刀や切れ味の悪い剃刀の使用は避け、最低でも1ヶ月に1回は交換しましょう。

参考:スキンケア大学

 

処理を避けた方がいい時期

Beautiful asian woman suffering from stomach pain at home on bed, bedroom background, Physiological period concept

生理の前後は肌が非常に敏感になっています。

ムダ毛処理で肌トラブルを起こしやすい時期と言われています。

肌の状態が不安な時は避けて、お手入れすることをおすすめします。

また、どれだけ気を遣っても肌トラブルをゼロにはできません。

傷がついていなくても油断のないようにしましょう。

参考:スキンケア大学

 

いかがでしょうか。

自宅でのムダ毛処理は肌トラブルの可能性が大きくなります。

よく注意して良い方法を心がけ、肌トラブルを最小限にできるよう処理しましょう。