1

アメリカ・ユタ州に住む2歳の双子の兄弟であるボーディ君とブロック君が自宅にあるたんすによじ登って遊んでいたところ、転倒防止の留め具などで固定されていなかったからかたんすが倒れ、ブロック君がその下敷きとなり身動きがとれなくなってしまうというアクシデントが起きました。両親は同じ家にいたそうですが双子の異変に気づかなかったそうで、なんと2歳のボーディ君が兄弟を助けるために必死にたんすを動かそうと頑張り、その様子が偶然部屋に置かれていたセキュリティカメラでばっちり撮影できており、YouTube上に公開したところわずか3日で総再生回数1400万回を超えています。

Video catches Utah 2-year-old saving twin trapped beneath dresser - CBS News

http://www.cbsnews.com/news/video-utah-2-year-old-saving-twin-trapped-beneath-dresser/



Watch: Toddler rescues twin brother from fallen dresser

http://www.usatoday.com/story/news/nation-now/2017/01/03/watch-toddler-rescues-twin-brother-fallen-dresser/96103668/



Toddler rescues twin pinned under dresser - CNN.com

http://edition.cnn.com/2017/01/03/health/two-year-old-rescues-brother-video/

双子の父親であるリッキー・ショフさんと母親のカイリ・ショフさんがYouTube上に公開したムービーが以下のもの。カイリさんはムービーを見た際、「本当に沈みました。自分が世界最低の母親だと思いました」と双子の危機に気づけなかったことを悔やんでおり、リッキーさんは最初はムービーを公開することに躊躇したものの、自分たちと同じような小さな子どもの親に対して壁や床に固定していない家具の危険性を知らせるためにムービーを公開することに決めたと語っています。

Two year old miraculously saves twin brother - YouTube

両親が最初に公開したムービーでは、たんすが転倒している状態からムービーが始まります。タンスの下敷きになったブロック君は苦しそうな表情を浮かべています。



ボーディ君はタンスの周りを歩き回っており、まるで冷静に状況確認を行っているかのよう。





しかし、ブロック君の目の前に来て一時思考停止状態に陥ったのか、しばらく動かなくなります。



再び動き出したボーディ君はタンスを持ち上げようとしますが、さすがに2歳児の力ではたんすを持ち上げることは不可能。



持ち上げることが不可能とすぐに悟ったのか、ボーディ君はたんすの天面を体重をかけて押し始めます。



すると隙間ができて、ブロック君はたんすの下から抜け出すことに成功。



安心したのかブロック君は泣き出してムービーは終了します。



同ムービーは公開からわずか1週間足らずで総再生回数が600万回を超え、CNNやCBS Newsといったニュースチャンネルでも取り上げられました。CBS系列のKUTVによれば、双子の両親はアクシデントが起きた際に同じ家の中に居たそうですが、「子どもたちの騒ぎ声などは聞こえてこなかった」と話しているそうで、ブロック君がタンスの下敷きになったことは双子の部屋に取り付けていたセキュリティカメラの録画内容を確認して知ることとなったそうです。

両親がこの出来事をFacebook上に投稿したことで今回の出来事は世間に広く知られるところとなったわけですが、父親のリッキーさんはムービーを公開するにあたって「家具をしっかり固定して!」と、自身と同じような小さな子どもの親に向けて警告しています。

最初に公開されていたのはアクシデントのほんの一部で、たんすが倒れる瞬間からボーディ君が兄弟を助け出すまでのすべては以下のムービーで見られます。こちらのムービーは公開からわずか3日で1400万回以上再生されています。

Two year old miraculously saves twin brother (full video) - YouTube

フルバージョンのムービーではたんすが倒れる前の状態からムービーがスタート。初っぱなからたんすの引き出しの中にがっつり体をつっこむブロック君。



ボーディ君も引き出しに体重をかけると……



そのまま勢いよくたんすが倒れてしまいました。



かなりの勢いで倒れており、ブロック君は上半身が完全にたんすの下敷きになっています。



倒れた直後、すぐさまたんすを押すボーディ君。



その後、しばらくボーディ君はたんすから落ちた白い物体をいじっているのですが、その間にブロック君はたんすの下から自力で顔を出します。



タンスの上に乗ってあちこち動き回るボーディ君。この後、最初のムービーにつながりボーディ君は兄弟のブロック君を助け出します。





なお、家具メーカーのIKEAは今回の出来事を受けて声明を出しており、「我々はこの家族の使っていた家具がIKEA製のものであったかどうかを確認すべく動いています。また、それとは関係なしに、このムービーは収納家具やたんすはすべて壁に固定すべきであるということの重要性を示してくれます。整理だんすなどが倒れるのを防ぐためのベストの方法は『壁に固定すること』だと強調します。なお、IKEAの家具には留め具が付属しており、組み立ての段階で留め具を取り付けなければならないようになっています」と述べています。