5日、韓国の結婚情報提供会社などの研究により、韓国人男女が考える理想の配偶者像の詳細が明らかになった。写真は韓国のカップル。

写真拡大

2017年1月5日、韓国の結婚情報提供会社などの研究により、韓国人男女が考える理想の配偶者像の詳細が明らかになった。韓国・聯合ニュースなどが報じた。

韓国で結婚情報を提供する「デュオ」とソウル大心理学科の研究チームが共同運営する「デュオヒューマンライフ研究所」はこのほど、未婚男女の結婚に関する意識を調査しまとめた「2016年 理想的配偶者像」を発表した。

これによると、男性が考える「理想の妻」は身長164.7センチ、年収4211万ウォン(約411万円)、資産2億554万ウォン(約2007万円)、年齢は3〜4歳年下、4年制大学卒で職業は公務員。女性が考える「理想の夫」は身長177.5センチ、年収4997万ウォン(約488万円)、資産2億6554万ウォン(約2593万円)、年齢は3〜4歳年上、4年制大学卒で職業は公務員だった。

配偶者を選ぶ条件では、男女共に相手の「性格」(男性34.7%、女性33.3%)が1位。次いで男性の場合は相手の「容姿」(17.5%)、「価値観」(7.2%)、女性の場合は相手の「経済力」(16.5%)、「職業」(9.9%)が上位に並んだ。

この発表に、韓国のネットユーザーからはさまざまなコメントが寄せられている。

「年収5000万の公務員なんてどこにいる?あり得ない話はやめておけ」
「職業が公務員で年収が5000万、資産は2億7000万…それって50歳くらいのおじさんじゃないと無理では?」
「公務員で収入が5000万ウォンということは、どこかの不正公務員を婿にしようってことか?」

「理想はどこまで行っても理想にすぎない」
「結局は似た者同士が出会うものだよ」
「条件を見ずに僕と結婚してくれた妻に感謝。今日は好物のチキンでも買ってきてあげよう」

「夫は身長160センチ、私は153センチ。後で聞いた話だけど、しゅうとめは私の背が小さいのを理由に結婚に反対したそう。自分の息子の身長は考えなかったの?」
「“先輩”として一言。この理想に合うほど能力がある人は独身を楽しんで生きた方がいい。男も女もね」
「理想とか条件とかどうでもいいから、ただ私を愛してくれる人と出会いたい」(翻訳・編集/吉金)