天津権健がクロアチア代表FWカリニッチ獲得でヴィオラとクラブ間合意か

写真拡大

▽来シーズンから中国スーパーリーグに昇格する天津権健は、新シーズンに向けて新たなストライカーを確保したようだ。イタリア『スカイ・スポーツイタリア』が報じている。

▽報道によれば、天津権健はフィオレンティーナに所属するクロアチア代表FWニコラ・カリニッチ(29) の移籍に関して移籍金4500万ユーロ(約55億円)でクラブ間合意に達しており、カリニッチに対しても年棒1500万ユーロ(約18億4000万円)を提示しているという。

▽2015年にドニプロからフィオレンティーナに加入したカリニッチは、同クラブで公式戦66試合に出場し、25ゴールをマーク。今シーズンはここまで公式戦24試合に出場し、12ゴールを記録していた。

▽なお、元イタリア代表DFファビオ・カンナヴァーロ監督が指揮する天津権健は、今冬の移籍市場でゼニトからベルギー代表MFアクセル・ヴィツェルを獲得している。