「自分に自信がない」という女性は案外多いように思います。みなさんのなかにも、こんな人はいませんか?
・他人の評価や顔色ばかりをうかがってしまう
・人にほめられても素直に受け入れられない
・まわりの人をいつも「うらやましい」と思う
・人と会うのがおっくう
・「私なんかどうせ」と考えてしまう
――上記に当てはまる人……という人もきっと少なくないですよね。
でも、このように自分に自信を持てない人は、自分だけではなく、人からも好かれない人間になってしまいます。

「彼氏ができない」「いい人と巡り合えない」のは自分に自信を持てずにいることが原因かもしれません。
今回は「どうせ私なんて……」といつもネガティブになりがちな女性が、自分に自信を持つ、自分を好きになるための考え方をご紹介していきます。



自分に自信を持てないと恋愛だってうまくいかない


自分に自信がなくて、いつも人の目ばかりを気にしていると疲れてしまいます。それに、素直に自分の気持ちを伝えたり、やりたいことも思い切ってできないので、毎日、楽しく過ごせないでしょう。

毎日楽しく過ごせないということは、当然、恋愛もうまくいきません。「私のことなんて好きになってくれるはずない」「いつか振られるかも」と思っていれば、その通りになってしまうからです。
マイナスなことを思っていれば、思ったとおり、マイナスな出来事を引き寄せてしまうのです。
 
反対に、自分に対して自信があれば自分を好きになれます。そうすると、ただあなたのままでいるだけで、自然とまわりがあなたのことを好きになってくれます。
あなたが、あなたらしくいられるようになるのです。

自分を好きになるために、自分の長所を数えよう


自分に自信がないのなら、自分を好きになる努力が必要です。まず、自分のいいところ探しから始めて見てください。

自分のいいところを100個探そう


「自分で、自分の長所だと思うところ」を、できるだけたくさん探してみましょう。長所といっても、難しく考える必要はありません。たとえば、「キーボードのブラインドタッチができる」「毎日、きちんと朝食を食べている」「コーヒーのおいしさがわかる」といったちょっとしたことでよいのです。また、今までの人生で自分がやってきたことを思い返し、「リレーの選手だった」「ピアノの習い事を頑張った」など、自分の頑張ったことを自分で認めてあげてください。

そういう自分の「ちょっといいな」と思える長所を、まずは100個挙げられるようになることを目標に探してみてください。最初は、苦戦するかもしれませんが続けていくうちに、日常のなかで自分の長所が見えてくるようになります。
また、周囲の人に自分のいいところを聞いてみましょう。新しい自分の長所を発見できますよ。

見つけた自分の長所は、スマホにメモして残しておいたり、手帳に書きためたりしておきましょう。
「やっぱり私なんて」と自信のない私に引き戻されそうなとき、それを読み返すと、自分のよいところが再確認できます。



短所も長所に変換することで自分をもっと好きになれる!


長所探しのもうひとつのポイントは、「短所も見方を変えれば長所になる」ということです。
たとえば「仕事が遅い」というのも、「じっくりと仕事に取り組める」と言い換えられますし、「周囲に流されやすい」というのも「協調性がある」ととらえることができます。
そうやって短所だと思っていたことを、長所ととらえることができれば、もっと自分を好きになれるはずです。

自分を好きになったら、今度は周りの人のことを好きになろう


自分のことをちょっとずつ好きになれたら、今度は周りの人を好きになる努力をしてみてください。
自分自身の長所を見つけてあげた時と同じように、相手の良いところ、素敵なところを見つけてみましょう。
「ただの同僚」「同級生」と思っていた相手が、本当はとてもいい人で、自分にとって大事な存在だと認識するきっかけになるかもしれません。
「この人は嫌な奴だ」と決めつけていた人も、先ほどのように「短所を長所に変換」するだけで、実はそこまで悪い人ではなかったと改めて相手のことを知れるチャンスにもなるかもしれません。

自分を好きになることで結果的に、人から愛される女性にもなれ、きっと良い循環を生むでしょう。

卑屈になっていつもネガティブになっていては、恋も仕事も、生活全般に良い影響をもたらしません。あなただって、ネガティブな人と、ポジティブな人だったらポジティブの人の方が素敵だと思いますよね?

いつも気持ちはハッピーで、ぜひ恋も呼び寄せてみてくださいね。
(奥平亜美衣)