どうも、雪国・北海道に住んでおります、阿部ゆうなです。

1

北海道の北側では雪の中ツーリングをする方も稀にいらっしゃるのですが、そこまでの技量と度胸がない私はバイクと疎遠になっております。とはいえポイっと放ったらかしにしているわけではありません。

もちろん車庫で自宅で保管もできるのですが、気温も思いっきり下がりますし、日中と夜の寒暖差で結露が発生し錆びてしまう場合もあります。他にも私のような素人では手に負えないような事ばかり……知識のある方なら良いかもしれませんが「これからバイクを買います」「メンテナンスとかよく分かりません」なんて人は心配ですよね。

でも大丈夫!雪国ならではの安心サービスが存在するんです。

実は冬季間、バイク屋さんなどで愛車を預かってもらえるんです。お店によっては預かってもらえるだけではなく、軽点検やバッテリーの充電などもしてもらえます。

バイクを自宅保管しているとバッテリーを外して保管しなければいけなかったりするのですが、預けてしまえばそれもしなくて済む上に充電までしてくれるなんて嬉しい話です。(※お店によってサービス内容が違うと思うので問い合わせてみる事をお勧めします)

私のバイクを預けているバイク屋さんでは、点検もバッテリー充電もきちんとしてくれるので安心です。自分ではチェーンの点検やオイル交換くらいしかできない人間なので助かってます。

ちなみに、料金は大体ワンシーズン1万円〜の所が多いです。決してお安い値段ではありませんが、手間暇かけて保管する時間を考えると妥当な価格だと思います。

冬期でも郵便バイクは走っているのですが、スタッドレスタイヤに後輪チェーンを巻いている車両がほとんどです。そのため、北海道に住んでいると4〜5ヶ月ほどバイクとは縁のない生活を送る事になってしまうので、雪が溶けたらすぐに乗りたい気持ちでいっぱいになるんです

そんな時に自分のバイクがトラブルに見舞われていたら折角のワクワクも台無し……。ですので雪の降っている間の保管が心配な方は預けてしまいましょう。

あまり雪の降らない地域の方は「そこまでするのか……」と思うかもしれませんが、そこまでするんです。きっちりした所で保管しないと雪に埋もれてしまう事だってあります。

写真は、12月初旬の札幌。こんな感じです。12月下旬から3月にかけてもっと大雪が降ります

という事で、「冬の間はどうすればいいんだろう……」と心配になってた方は「こういう方法もあるんだな」という事を頭に入れておいてください。

バイクをきちんと保管して点検してもらっておくと、雪解け後のツーリングがより一層楽しみになりますよ!

(ライター:阿部ゆうな/Moto Be バイクの遊び方を提案するWEBマガジン

【関連記事】


【ライダーの疑問】すり抜けってどうなの?警察官に聞いてみた


【夜ツーのススメ】夜の空港はブラッとツーリングに最適なスポットだった


【ROCK】音楽好きにはたまらない!ギターペイントのヘルメットがかっこ良すぎる!


ケツ痛解消できんの?ライダークッション「ワイルドアス」を500kmツーリングで使ってみた結果

「雪国の人って冬の間バイクはどうしてるの」って気になりませんか? 実は…(http://clicccar.com/2017/01/06/431406/)