きみのぜんぜんぜんせー
 - (C) 2016「君の名は。」製作委員会

写真拡大

 新海誠監督の映画『君の名は。』が1月4日(現地時間)に韓国で公開され、初日の興行収入・観客動員数で1位デビューを果たした。日本映画が韓国の映画ランキングで1位となるのは『ハウルの動く城』以来13年ぶりの快挙となる。

 1998年に日本映画が解禁されて一時的に邦画ブームが起きた韓国だが、2004年の『ハウル』以降は目立ったヒットは大幅に減少。そんな中で『君の名は。』は555スクリーンという、同国における日本映画の公開規模としては新記録となるスクリーン数で公開され、興収は日本円にして約1億円、動員数は13万人を突破した。この数字は同日に韓国で公開されたジェニファー・ローレンス、クリス・プラット共演のハリウッド映画『パッセンジャー』の興収(約6,650万円)と動員数(8万5,000人)を大きく上回っている。

 すでに日本・台湾・香港・タイ・中国の映画ランキングで1位を獲得していた本作は、これでアジアにおける6冠を達成。配給元の東宝によるとすでに125の国と地域での海外配給が決定しており、今後も各国で順次公開されていく予定だという。日本国内では13日から高品質の映像&音響のIMAX上映(2週間限定)を控えており、その勢いはまだまだ続きそうだ。(ランキング・数字などは配給元調べ)(編集部・海江田宗)