6日、中国メディアの財経網は、中国の高速鉄道車両が汚いのはスモッグが原因であるとする専門家の見方を伝えた。これに対し、中国のネットユーザーからさまざまなコメントが寄せられた。

写真拡大

2017年1月6日、中国メディアの財経網は、中国の高速鉄道車両が汚いのはスモッグが原因であるとする専門家の見方を伝えた。

【その他の写真】

日本の新幹線はいつもピカピカできれいなイメージがあるが、中国の高速鉄道車両にはそのようなイメージはなく、むしろいつも汚いというイメージが強い。

中国の高速鉄道車両が汚い理由について、北京公衆環境センターの馬軍(マー・ジュン)主任は、列車がスモッグ発生地域を通過していた場合、その汚れの原因はスモッグだと言えると断定。ただしその前提は列車を定期的に清掃していることで、長期間清掃していなかった場合はスモッグが原因とは証明できないとしている。

これに対し、中国のネットユーザーからさまざまなコメントが寄せられた。

「俺たちの知能を侮辱しているな」
「こんなことを専門家に確定してもらう必要があるのか?俺たちは目が見えないとでも思っているのか?」

「この専門家はいったいどんな学歴なんだ?」
「この専門家は高速鉄道に乗ったことがないのか?終点に着くとすぐに車体を清掃しているじゃないか」

「汚い列車の写真を撮った人が捕まらなかったんだからすごいことだ」
「スモッグで汚くなったと言えたのだからたいしたものだ。前にスモッグの中には有益な菌もあると言ってのけた専門家もいたからな」

「スモッグはあり得ないだろう。敵対勢力が汚ない水をかけたに決まっている」
「専門家はどうやったらきれいに清掃できるかを研究しろよ」(翻訳・編集/山中)