オフィスをはじめ、公共の場での冷たすぎる温度設定は、冷えやすい女性にとっての永遠の悩み。特に、彼との家で過ごすときや、寝るタイミングでの温度設定に、我慢したり、ケンカに発展した経験がある人もいるのでは?? 

同じ人間のはずなのに、なぜ女性は冷え性の人が多く男性は汗かきが多いって、本当に不思議だけど、コスモポリタン イギリス版によると、ランカスター大学で臨床解剖学学習センター長兼上級講師を務めるアダム・テイラー氏は、このトピックについて<The Conversation>で男女間では皮膚の厚さが違うことを踏まえて、こう解説している。

「女性は男性よりも脂肪を蓄えるため、皮膚が厚い部分が多いとのこと。ところが、皮膚が厚い=分厚いセーターを着ていることにつながるわけではないんです」

こう聞くと体感温度は皮膚の厚みと関係するのでは?とも考えられるけど、実際、体感温度には筋肉量が関係しているんだとか。言うまでもなく、男性は女性よりも筋肉質。

テイラー氏によれば、寒さに対する体の自然な反応はブルブル震えることなのだそう。それは、体温を上昇させるために筋肉が無意識に収縮し、振動するからだという。つまり、筋肉量が多ければ多いほど体は震えなくなり、体温も高くなるんだとか。本来、男性は基礎代謝率が高いため、体温も高いとのこと。

これですぐに彼とのケンカがなくなるわけではないけれど、これを機会にエクササイズに励んで筋肉量をアップさせれば、ダイエットにもなるし、最終的にはケンカも少なくなって一石二鳥になるかも!?

※この翻訳は、抄訳です。

Translation:Rubicon Solutions, Inc

COSMOPOLITAN UK