6日、韓国の裁判所は15年末に日本政府と韓国政府が発表した「慰安婦合意」に関する協議文書の一部を公開するよう命じる判決を下した。これに、韓国のネットユーザーがコメントを寄せた。写真は大統領府。

写真拡大

2017年1月6日、韓国・SBSによると、韓国の裁判所は同日、15年末に日本政府と韓国政府が発表した「慰安婦合意」に関する協議文書の一部を公開するよう命じる判決を下した。

韓国の弁護士団体が韓国外交部を相手取り、協議文書を公開するよう求めて提起した訴訟で、ソウル行政裁判所は原告勝訴の判決を言い渡した。

弁護士団体が韓国外交部に公開するよう求めた文書は3件。両国が発表文で「軍の関与」との用語を選択し、その意味について協議した文書、強制連行を認めるかどうかの問題について協議した文書、「性奴隷」「日本軍慰安婦」などの用語使用について協議した文書だ。

岸田文雄外相は15年12月28日、尹炳世(ユン・ビョンセ)韓国外交部長官と行った共同会見で、「慰安婦問題は当時の軍の関与の下に多数の女性の名誉と尊厳を深く傷つけた問題であり、こうした観点から責任を痛感している」と明らかにした。しかし、強制連行問題については言及しなかった。

弁護士団体は昨年2月、「日本は共同発表後も強制連行や戦争犯罪を認めず、両国が日本の立場を前提に問題を最終的に解決したかのような発言をし、『軍の関与』という用語は性病検査など衛生管理という意味だったと一方的に説明している」と批判し、訴訟を提起していた。

これについて、韓国のネットユーザーは以下のようなコメントを寄せた。

「屈辱合意の全てを公開してほしい」
「なんとなくこれもチェ・スンシル(朴大統領友人で国政介入事件の核心人物)の“作品”のような気がする」

「当たり前。協議内容を隠す国なんて他にない」
「安倍首相は本当に謝罪したの?聞いた人は1人もいないのに」
「安倍首相を10億円の贈賄容疑で逮捕して!」

「韓国政府は偽物の文書を作って公開しそう」
「国民のプライドを踏みにじったパク・クネ政府を処断しよう」
「文書が公開されたら、ソウルのろうそく集会に300万人が押し掛けるだろう」(翻訳・編集/堂本)