よく男性は「ギャップのある女性に弱い」といいますが、実際にどんなギャップに好感を持つの? と疑問に思うことありませんか? ギャップに惚れてしまった! という男性陣の意見を聞きながら、「モテギャップ」とはなにかをまとめてみました。ギャップのあるモテ女子になるために、いざチェックしてみましょう!

思わず惚れちゃう女性の「モテギャップ」

ギャップ萌え、という言葉。いったいどんなギャップに好感度を持ってしまうのでしょうか?

1: クールに見えてカワイイ

いつもはクールな感じの女性が見せる「カワイイ一面」にドキドキしてしまうという声が多し! 仕事ができてカッコイイ雰囲気なのに「いつも手作り弁当」とか「じつは動物大好き」だったり。そんなギャップに惚れちゃうそうです!

・「見た目はクールな雰囲気なのに、いつも手作りのお弁当を持ってきていて、意外と家庭的なんだな〜かわいいとこあるなと」(31歳/メーカー勤務)

・「カッコイイ系の先輩ですが、先日営業先で猫をみたとき『あ、猫ちゃん、カワイイ〜』と猫萌えしたとき、こっちも萌えました(笑)」(28歳/営業)

キリッとした女性のカワイイ一面、ドキドキだそう。

2: 意外と天然(ドジ)

しっかりした感じの女性がプライべートではドジだったり、おっちょこちょいな一面を見せたときに「え、カワイイんですけど!」とギャップ萌え。なんだか守ってあげたいという気分になっちゃうそうですよ。

・「仕事ではしっかりしているのに、オフのときに会うとけっこうおっとりしていて、ドジっぽいこともする女性はモテますよ」(28歳/美容師)

・「きびきびした態度の女性が見せるおっちょこちょいな一面。意外と天然なのかも、とキュンとします」(31歳/アパレル勤務)

あくまでも、ときどき、ドジすることが大事です。

3: じつは甘えん坊

ツンとしたクールな雰囲気だったり、サバサバした性格。と思いきや、2人になったら「甘えてくる」と、もうデレッとしちゃう! という意見も目立ちました。いつも甘えてばかりじゃウザいけど、たまに甘えてくるところにキュンキュン。

・「しっかりしているのに、2人になるとちょっと甘えてくる女性はかわいいです」(31歳/メーカー勤務)

・「みんなの前ではサバサバしているのに、2人になると『これ、ちょっと手伝ってくれる?』とか頼ってきてくれる。じつは甘えん坊なのかな〜と想像しちゃいます(笑)」(30歳/通信会社勤務)

ツンデレ効果、抜群みたいです。

4: じつは弱気な一面を持っている

人前では強がっている女性が、ふと見せる心の弱さにも「守ってあげたい」とグッときちゃうそうです! たまに相談されたり、弱音を吐かれると「大丈夫だよ」と守りたい本能が動かされちゃうみたいです。

・「仕事のときは強気なのに、僕の前では『じつは心配なの』と弱い一面を見せてくれる女性、なんか守ってあげたくなります」(33歳/自営業)

・「意外と弱い部分もあるんだな〜って、女性として意識しちゃうことも」(31歳/メーカー勤務)

強いだけじゃダメ、ときには弱さも見せるべきみたい。

いいギャップと悪いギャップがあるそうなので、モテを意識するならこんなギャップを意識するといいかもしれませんね! 男性的には「あざとくてもカワイイものはカワイイ」そうなので、あえて甘えたり、ドジしちゃってもOKなのだそう。気になる彼の前でモテギャップを見せちゃうのもアリですよ。