メグ・ライアン

写真拡大

『めぐり逢えたら』や『ユー・ガット・メール』など、ロマンチック・コメディ映画で活躍したベテラン女優のメグ・ライアンが、米Epicで新たに製作されるコメディドラマ『Picture Paris(原題)』で主演を務めることが明らかになった。メグがTVシリーズにレギュラー出演するのは約32年ぶりのことだ。米Deadlineが報じている。

『Picture Paris』は、『ラリーのミッドライフ★クライシス』などで俳優としても活動しているブラッド・ホールが脚本&監督を務め、2011年に公開された短編映画がオリジナル。子育てがひと段落した郊外で暮らす主婦が、夫と一緒にあこがれのパリ旅行へ出かけるものの、予定通りに事を進められない姿を描く。映画版では、彼の妻で『となりのサインフェルド』のエレイン役でも知られるジュリア・ルイス=ドレイファスが主演を務めた。ホールはTVシリーズ版でも脚本&監督を担当する。また、サラ・ジェシカ・パーカー主演の『Divorce/ディボース』を手掛けたアーロン・カプランがメグとともに製作総指揮を務める。フランスにてロケ撮影が行われる予定。

本作で主演を務めるメグにとっては、1985年の米ABCの『Western Wildside(原題)』以来のTVシリーズレギュラー出演となる。2009年にはかつてホールも出演した『ラリーのミッドライフ★クライシス』に、2013年には『フレンズ』のフィービー役で知られるリサ・クドロー主演の『ウェブセラピー』にゲスト出演していた。(海外ドラマNAVI)